Twitter まとめ

  • 『2012年10月04日のつぶやき』Kirimisakana|http://t.co/FvqwpT6b #
  • マ区ドナルドのカウンターテーブルのメニューが無くなったそうですが、どうでもいい。年に0.75回しか利用しません。
    (一回は夏のポケモン映画に親類の子引率として訪問し、0.5カウント。残る一回は衝動的に4年に1度くらい食べる可能性を考慮して、一年あたり0.25とカウントしました) #
  • 次の商品をほしい物リストに追加しました:'イワタニ ミルサー IFM-800DG':イワタニ via @amazonJP フードプロセッサは大きく、重いがこれなら・・・! http://t.co/0WagyUtr #
  • iPhoneかしら。 #
  • 森の踊り子【鏡音リンオリジナル曲】: http://t.co/nz3CUfTL @youtubeさんから を聞きつつ、久しぶりにコミpo!をアップデート。 #
  • 聴覚過敏という単語を調べてみた。
    夜間20時から午前3時の「きゅわーずごごっごごご」と高周波音まじりの水道(昭和の遺物)使用音や、響き渡るテレビ音声。
    昼間の『木槌の作業音』とか『どすどす体重75kgの無遠慮足音』 from2F。これらは聴覚過敏ではないように思いました。 #
  • ダメ教師を排除しても「いじめ」は解決しない http://t.co/tw1roDuv @kuwaharayutaroさんから 「ダメな教師を排除するだけではなく、そうした教師もいることを前提にして、学校を動かすにはどうしたらいいのか」 という議論は、参加者の基礎体力を要する。 #
  • 表現物規制に対して、「それは実は危険なことだよ」という言葉を発する前に、丁寧に相手の「常識という名でまかりとおる、『狭い世間の差別意識』」を解体していく必要があります。
    テレビと週刊誌とケータイの人たちって、ネット上で論文サマリーが検索閲覧できることを知らない傾向が強いですし。 #
  • また、紹介するサイトも気を使います。
    アフィリエイトリンクにエロゲ絵がある、とかで「嫌悪感ありき」な反応を示される。あるいは、「言ってる事はいい事なんだろうけど、なんかうさんくさい」と引いてしまわれる。
    悪い言葉遣いで申しますと、「カマトト仏典じゃねえよ」ともいいたくなりますね。 #
  • 何事につけても共通することです。
    ある主張に異議申し立てするにも理をもって、礼儀正しく論を展開しなければ、他国をけなす人と同じレベルに見られてしまいます。民主主義の言葉は、いかなる差別主義とも違います。文法、用語、用法すべて。ナチスと単語入れ替えただけのマニフェストとは違うのよ。 #
  • 「表現の自由」について、『検閲についてのオンライン指標』サイトから。(英語だけどわかりやすいので、お勉強兼ねてドウゾ)
    http://t.co/ilJYexMt #
  • 先のサイトは、 『表現の自由と検閲を知るための事典』 田島 泰彦 http://t.co/xI0bGjv4 @AmazonJPさんから の元になったサイトと記憶してます。 #
  • 奇書ではあるにせよ、『民間防衛』はよい参考書籍。
    書かれてる内容のなかでも特に好ましく、鼓舞されるような内容は、よく吟味するようにしてます。
    何故って?単語入れ替えや、現代的な表現技法で書き換えただけの、
    「めざせ軍国日本復活!(ただし俺は絶対前線にはいかねえぜ)」を見破るため。 #
  • このように、どんな奇妙な、悪い内容と思える書物といえども、「批判的に読む」ことが可能な以上、図書館や本屋さんから排除してはいけないのですよ。
    無菌室育成の理性が、現実世界で生存できるわけがありません。 #
  • 『表現の自由』が許す、「悪い言葉を吐く自由」。
    市民自らの理性によって、超克(けっして排除したり打倒したり憎悪することではありませんよ)できるから、民主主義は生き延びられたのです。
    「ヘイトスピーチ禁止法」を作って、自分達で自分達を処刑したら、いけませんよね。 #
  • 「民主主義の屋台骨兼土台、それが表現の自由だ。いいかい、悪い言葉を吐く自由が誰にでもある。そして、『あれは悪い言葉。君も同じ言葉を吐く自由があるが、それをしない自由、もっと美しいことを語り、世界をよくする自由もある。どっちの自由を享受するかは、君の自由な意思で選べ』と教える自由。 #
  • 「良いか悪いかを自分で考える自由」があるってことは、時々大変な気持ちになるでしょうけれど。 でも、餌の美味い不味いも判らない餌箱を与えら、それ以外を知りえない不自由より、餌場を自分で探す自由なのではないでしょうか。 #
  • さきのTweetに追加すべき一文字:

    『れ』 #

Powered by Twitter Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください