タイバニの映画見に行った話

こういう分析を私がする、できるのは

こういう分析を私がする、できるのは、自分自身がノンセクシュアルで勉強もそれなりにしたから。視聴者や周辺の人には、まだまだ「オカマ」で終わってるのだろうな、と思うことも。

引率していった女子中学二年生には、吉井奈々さんの『G.I.D.実際私はどっちなの!?』とか貸してます。

 

非実在で娯楽の夢を楽しみつつも、現実世界でのセクマイ理解と、できればその先にある「人権擁護」のための「制度変更」まで。

無理強いして、奏効することは一切無い。

反発を招いて、いい事は一個も無い。

だから先のRTのように、反発を招きそうなことをして良いかどうかは、自分で考えなさい。

 

今映画化されてる『あしゅら』もそうですが、創作物を有害呼ばわりする人たちは、

「自分が上手に説明できない内容」

「自分の中の反応が恥ずかしい、上手く表現できないこと」

の多い人たちです。

だから、現実の児童問題を解決する気ははなっから無いのに、悪書追放していい気分になれる人です。

 あしゅら、をキチンと子どもと一緒に話し合うには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください