同性婚に関する反論 #LGBT

発端は「同性間では子孫は人類はつくれない」というTweet

(以下引用)

愚真礼賛 ‘日曜 東ソ-25b’‏@gusinraisan

一方、同性愛の場合、前提としてそもそも同性間では子孫は人類はつくれない。故に「国」として「次代」を担う存在を作る者達でない以上、その関係に対し、保護・権利を与える義務はない。「国」という集団において、同性愛にたいして得られるメリットって無いのですよ?むしろデメリットがある。

https://twitter.com/gusinraisan/status/276305158869237760 より

(引用おわり)

私はこのツイートをRTしました。が、それは決して同意を示す意味ではありませんよ。

反証:同性結婚を法律で保証した場合、当然養子をとるカップルも増加します。何らかの事情で親のない子が減り、納税者数がより向上する可能性が高い。つまり、国家としては集合体としての人口増加に寄与する。

尚、同性婚家庭の子について。2008年の論文ですがこれを。「長期縦断調査による、レズビアン家庭研究:青少年の思春期における心理発達、社会適応について」

全米小児科学会の論文(要約部分)
http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2010/06/07/peds.2009-3153.abstract

全米小児科学会誌掲載の本文(PDF)
http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2010/06/07/peds.2009-3153.full.pdf+html

この論文の意味するところは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください