大分の「青少年健全育成条例改正(案)」に対する県民意見の募集に応募した話

一般的な話し言葉バージョン

「そもそもさぁ、『エッチいコンテンツ』でムラムラするかどうかって、人それぞれじゃん?

『改正したい人』がムラムラするからって、法令で万人にオレ基準を押し付けんなっての。マンガ絵が『児童ポルノ』かどーかで争った裁判がスウェーデンであったけど、警察の偉い人がこう言ってるのよ。

“俺ら警察官が本当に取り締まりたいのは、子どもの性的虐待だ。創作物にかまけてる時間は無ぇんだよ。裁判所は余計な、しかもどーでもいい仕事増やさんでくれ”

有害図書基準ってのは、『それを作る過程で、犠牲者がいるかどうか』で決めるべきじゃないの?

一部の「(自称)多数派、一般人」の不快感を、世の中の全員に当てはめて、法律で取り締まるための『べんり道具』にしないでよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください