大分の「青少年健全育成条例改正(案)」に対する県民意見の募集に応募した話

反発されたり、枝葉末節の言葉遣いで揚げ足を取られるのは困りますので、普段は先のページのような表現を用いておりません。

もし貴方のお気に召したなら、docファイルはこちらから、CC=BYライセンスにて「転載・再配布・加工再利用OK,商用非商用不問でOK」です。記名は「切身魚」または「Kirimisakana」でお使いください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 by 切身魚/Kirimisakana is licensed under a Creative Commons 表示 3.0 非移植 License.
一部の人の不快感を理由に沈黙を強いられるのは、民主主義社会とは言いません。

ヘイトスピーチや差別を扇動する発言といえど、表現の自由。その憎悪を、『表現の自由』という同じ土俵上の対話で解決できなくなったとき、全体主義が始まります。

法令で人の口を閉ざし始めるのです。「どぎつい俗悪メディア」が沈黙を始めたら、次に沈黙を強いられるのは「ちょっといただけない」もの、次は「無能な労働者のわがまま」や「就労してない怠け者の無駄話」ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください