大分の「青少年健全育成条例改正(案)」に対する県民意見の募集結果

民主主義とは、何なのでしょうか。 

「多数派の不快感」で「少数者を黙殺」することではない、と思います。
「数の多寡にかかわらず、全員の利害が調整されるために、少数者こそ決して沈黙を強いられてはならない」
ことだと考えています。
LGBT基礎知識+α @lgbtjp_botより引用( https://twitter.com/lgbtjp_bot/status/295163049223016448 )
2010年10月18日、民主党・松浦大悟議員 @GOGOdai5 が、LGBTの自殺対策や国勢調査について、国会質問を行いました。日本で性同一性障害以外のLGBTの問題が国会で取り上げられたのはこれが初めてです。 「性的マイノリティであっても国民の一員。」力強い言葉でした。
「あなたが私の性指向を好きでも嫌いでも、かまわない。理解できなくても、かまわない。
 ただ、私の生存権と幸福追求権を、あなたの権力で法令化して圧殺しないでいただきたい。」
 これを短文にすると、
「私が好きか嫌いかはどうでもいい。ただ、共存してほしいだけ」
となります。

私の性指向は『非性愛』です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください