大分の「青少年健全育成条例改正(案)」に対する県民意見の募集結果

根拠レスな主張は、それ自体が私への侮辱と思し召せ。

「現実行動が影響されている」という根拠レスな主張は、それ自体が私への侮辱と思し召せ。
と、いうわけで。
落ち込んだりもしておりますが、私のもっとも攻撃的な部分が、メイドガイのような笑顔でこう囁いております。
「悪手を打ったのはヤツらの側だ。 県という地方公共団体の、記録にのこる場所で、明白に表記したのだから。」
ご参考までに。 大分の「青少年健全育成条例改正(案)」に対する県民意見の募集に応募した話 。つまり、改正ありきの意見募集。反対派の意見は「要約に取り上げなければ、存在しない」ので、とりあげなかった、ということ。大分市議会議員選挙に際して、立候補者にリアル手紙&返信用封筒同封で「性的少数者の人権についてどう思うか?創作物規制は上記のようなパブコメで行ってよいのか?」というアンケートを送ろうかと思います。
この記事は下記クリエイティブ・コモンズライセンスに基づき、共有/拡散を推奨しています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
大分の「青少年健全育成条例改正(案)」に対する県民意見の募集結果 by 切身魚/Kirimisakana is licensed under a Creative Commons 表示 3.0 非移植 License.
追記:私自身の時間的制約や、知能的限界からも、入れ知恵は大歓迎です。Twitter(KirimiSakana/切身魚@Kirimisakana)やこの記事へのコメントでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください