信用できない二次使用許諾依頼

危険だ、と判断する根拠は次の3つです。

 

・他社/他者の努力に対するリスペクトが感じられ無い 
 
・著作権保護法の知識もなく、脱法違法行為をしでかす恐れが大きい 
 
・上記2つより、脱法違法を指摘された場合、
「自分は~しただけ」
と責任回避、 あるいは 
「業界の閉塞した体質を、実例でもって告発した!」
と開き直る可能性が高い。
 

友人が不信感を抱いた理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください