どっちの性別であれ、コンテンツに寛容であれ

というわけですから、女性があーんな目やこーんな目に合わされるエロ創作物を容認する人は、創作物内で男性があーんな目やこーんな目に合わされるエロ創作物を「気に病まない」ことです。

知的好奇心を刺激されたいなら、「視聴してみる」といいでしょう。
好みとは合わないと思うなら、単に無視を。
男性があーんな目やこーんな目に合わされるグロ記録物といえば、ヤン・フスの火刑にいたるまでの悲惨なお話などお勧め。
信じていた後援者たちからも、
「異端者相手の約束は反故にしたっていいよね♪」
って背中に蹴りを喰らったどころか、な人権侵害の数々。

現実の世界で起きた事件は、「どぎつい創作物」の上を行く。その「現実」に人権侵害の起きる環境を解決しようとせず、周辺ばかり「取り締まれ」ばよしとする法案に、私は反対ですよ。

なお、この記事はクリエイティブ・コモンズライセンスに基づき、商用出版物に用いてもよいし、改変二次加工も自由です。ただし著者名とURLは併記必須です。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
どっちの性別であれ、コンテンツに寛容であれ by 切身魚/Kirimisakana is licensed under a Creative Commons 表示 3.0 非移植 License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください