パプリカ抽出色つきの石けん カット

昨日仕込んだ石けんを、木枠から取り出してカットしました。その写真がこちらになります。

パプリカ抽出油の石けん カッティング

仕込んだときより、赤みが増したように思います。これから一ヶ月の熟成期間を経て、どのような色合いになることか。人生の楽しみですね。

なお、写真に写っている『牛乳パックとなめこスナックの残骸』めいたものは、牛乳パックとなめこスナックの空き箱で作成した、自家製『ソープカッティングガイド』です。奥に光って見えるのが、カット用の釣り糸です。
「カッティングガイドとは、つまるところ『縁に糸を沿わせて、真下に下ろす』のと、『下側に空間があること』が条件。
『厚みを均一にできるような目盛り』がついてればよし。
また、カット時点の石けん生地はやわらかいのに、危険極まりないので、手が直接触れないように押し出すチューブでもあるべき。」
結果、数枚の牛乳パックと、その時たまたま手近に合ったなめこスナックの空き箱でこのようなもんが出来上がりました。接着はセロハンテープです。用に足りればいいのですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください