発掘テキスト  私の立ち位置説明

こうした背景ゆえに、公開Mixi日記のコメントで親友とやりとりしたとき、私は荒野で誘惑されたイエスの気分に近い気持ちでした。

(コピーここから)
コメントコメントを書く
Applejam 2010年03月21日 00:40
ペドフィィリアや猟奇嬲りとかそういうジャンルまで擁護は出来ません。
にゃーくんはそういうのも規制ナシで良いとおもいますか?

Nya-kun@切身魚 2010年03月21日 08:52
リアル人間への性的虐待や性的搾取は困る。
というか、そういう連中を現実世界に侵食させないように、
二次元があるなら容認する。
ただしそこには、『規制』という単語ひとくくりではなく、3つくらいの条件があります。

1.趣味嗜好を同じくしない人の前に、突然出て来て驚かせないようにしましょう
2.偶然情報を引っ掛けることの無いようにしましょう
3.リアル人間を虐待したり搾取したりする同志が出ないよう、しっかり相互監視しましょう
4.その上で、世の中全体にとっての良いことを沢山しましょう 。
あなたの趣味を叩く人は、あなたの趣味そのものではなく、『あなたが』『あなたの振る舞い』が嫌いなのです。では、あなたを嫌う人のほうが頭おかしい、と思われるような人になりましょう。

おおっと4つだった!まさかのときのスペイン宗教裁判官!

自分の居る場所を尊重して欲しいなら、誰かを怪物視して追い立ててはいけない。
どんなに気持ち悪くても、彼らには彼らの自然がある。
例を挙げれば、SNAF系のフィルムといえど、実は本当にはSATSUGAIしてない(中にはガチ犯罪もあるから、危険視されるのは致し方なし)。
そうした世の中のありようを理解しようともせず、「不快だから」と私憤を義憤にすりかえて法律と、天下り法人を作ろうとするのはよろしくないと思うのですよ。

Applejam 2010年03月21日 12:58
そこまでの覚悟があるなら反対もやむなしだな。
ネットの多くの反対論は、余りにも感情的で扇動的だ。
賛成派にしても恣意的感情的で、余りにも幼稚過ぎて辟易してたんだよ。

Nya-kun@切身魚 2010年03月21日 19:43
有難う、Applejamさん。
いくら良い判断や、未来の文化的自由ためであっても、
『やり方』が拙いと逆効果になってしまうよねぇー!
まさに「余りにも幼稚過ぎて辟易」ってなっちゃう。
幸い、私の周りの人々は
「よくよく考えた上で、嫌いなジャンルのことも勘案してみるけど、
やっぱりこういう『私怨』が入りやすい法律はイカンよな」
って感じで反対なさってる様子。
(コピーここまで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください