ショッキングな事

『根性』と言う言葉を、私が毛嫌いする理由。

「本人の自由意志による選択の結果」を、 『根性がある』と、褒め称える用法なら嫌いではありません。

嫌いなのは、次のような用法です。

『根性』という曖昧な用語の中に、何もかも詰め込んで。具体的な提案もない。人権侵害そのものに対する解決もない。

「自分は何も関係ないので、とにかくお前が努力してなんとかしろ」

と言う、責任放棄の言い訳に使う用法です。 「本人の自由意志や人権を無視」して、『根性見せろ』と、押し付ける用法だから嫌いです。

 

他の立場の人間がこの言葉を口にしていたら、私をして、ここまで尖った事は書かせません。 それを口にしたのが、介護職にある人だから。

「貴様の人間心理理解はその程度か! 」

という怒りが、込み上げてきたのでございます。

もうあと何年かそこらしたら。私も周囲に毒されてそういった言葉を吐くようになる、かもしれません。

彼らが気にろうとする人々 、彼らが得ようとする利益、そのために用いる手段。注意深く観察しようと思います。

己の魂、あるいは好ましく思う性質を損なわないために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください