素手でトイレ掃除をさせる話を読んで

本当に理解に苦しむもの。

スタンダードプリコーションと全く逆の方向向いた、 『教育』と言うもの。

素手で公衆便器を掃除とか、理解に苦しむのです。 それよりは三十秒以上かけて行う手洗いの指導した方が、よほど心身の健康に資するというのに。

三十秒以上かけた手洗いとしてはこちらのPDFをお勧めいたしましょう。http://www.st-mary-med.or.jp/dow

 

「根性試してふるい落とす」のは教育とは言いません。

「根性などという曖昧なものの有無にかかわらず、生きていけるように手助けする(自立支援という意味で)

のが教育だと考えております。当然のことながらこの論理に対する、異論は認めます。 子供に支持されるのは後者だと、私は思いますよ。

幸いにも、自分の義務教育及び高等教育時代には遭遇せずにすみましたが。 21世紀になってから読んだ古新聞に、くだんの『公衆便器を児童生徒の素手で掃除させる』ことを賞賛する記事が載ってましたね。困ったものです。 

ネットで調べてみるとこんなwikiもありました。

素手でトイレ掃除をさせる人々@まとめWiki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください