この国で自殺者が減らないわけ:少し黒い表現も交えた話

【例題続き】

多数派の側に立つ人間と、少数派の側に立つ人間は、同一の業務をこなし、日々の生活から常にダメージ50に相当するストレスを受けています。

切身魚の例から推定して、多数派の側に立つ人間と、少数派の側に立つ人間、累積ダメージが大きいのはどちらでしょうか?

 

多数派の側に立つ人間 累積ダメージ50

少数派の側に立つ人間 累積ダメージ80

 

累積ダメージが100になったら死にます。一つ一つのダメージ源が、多数派の側に立つ人間にとっては

「大した事は無い」

ものであっても。

「ダメージ源ですらない」

ものであっても。

少数派側に立つ人間にとっては違います。なんてことないものからのダメージが1.5倍きます。

持っているヒットポイントが同じ100だったとしても、

 

多数派の側に立つ人間 ダメージに10回まで耐えられる

少数派の側に立つ人間 ダメージに6回までは耐えられるが、 7回目で死ぬ。さらに、多数派の側に立つ人間にとってはダメージにならないものまで、ダメージ源となる。

 

センシティブな人間や、少数派の側に立つ人間が、どれだけ死にやすいか。

ご理解いただけましたでしょうか。

 

そしてこの国では、誰か1人が直接手を下す代わりに、複数の人が一つ一つのダメージ源を持ち寄って100になるよう累積させ、自殺に追い込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください