新作『春色雑音』 pixivブース公開

Haruironoiz_OP

こんにちは切身魚です。今回は似非和風の作風、かつ『このラストシーンにつじつま合わすために、全てを書いた』作品。

管弦の天才でありながら、色覚のない男、金蔵の物語。

ピクシブのBOOTHにて、ePUB版を販売開始しました。

ePUB版 ¥100

読み上げツール対応テキスト版(青空文庫形式テキストファイル)は無料公開中です。
ダウンロードパスワード p5q2xmxz

この作品は、えんぶりょー@えmbりょP(案)さんのオリジナル曲に着想を得て執筆されました。原案という形で発表にご快諾いただいた同氏には心からの感謝を捧げます。

ハルイロノイズ ver.2015
https://www.youtube.com/watch?v=NlR0gE6mJ94

Soundcloud https://soundcloud.com/embryo4713/
ピアプロ http://piapro.jp/Embryo4713
ブロマガ http://ch.nicovideo.jp/embryo4713

無料でDLしていただけますが、クリエイティブ・コモンズのライセンスではありませんので、著作権保護にご協力ください。表示がおかしい、等ありましたらメールフォームでもツイッターでもお知らせください。

表紙はツイッター経由でコラボした浮草さんの曲『灯り送り』用素材に自分で描いたものを再利用。

原曲は2009年にえんぶりょーさんが公開したオリジナルの巡音ルカ曲『ハルイロノイズ ver.2015』です。2009年の時点ではなく、ver.2015を公開したタイミングで知りました。ちょいと不条理な登場のバスやらたこルカの使い方した、ポップな曲ですが、実は死にネタっていうお話を知りまして、引っかかっていたのですな。
糸竹の道についてのもろもろは、谷崎潤一郎『春琴抄』、青空文庫から拝読したネタを。サンフランシスコに住む全色盲の写真家ケイ・ファロウを主人公にしたデイヴィッド・ハントの『魔術師の物語』(新潮文庫)も、どこかしら影響を与えています。ちなみにこの小説はミステリなので、ファンタジーな要素は一切ありません。それと映画の『SAYURI』が、女郎と結婚観の描写に影響与えてます。
雑音という文字に『まじりおと』と当てたのは私の考えですので、芸事の場で使《つこ》たらあきまへんよ。
それらしく拵えましたが、登場する場所の名や店の名は架空のものでございます。『残月』『高砂』『嵐山』以外のほかの演目も拵え物で、歌舞伎やらの演目に、漢字で書いてるのをひらかなであてて読ます風《ふう》を、やってみたかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください