配信開始『上級者向け触手BL22』

本日、『上級者向け触手BL22 山に住みたい魚の話5話』108円を配信開始しました。クトゥルー信仰のみならず、ヨグ=ソトース信仰まででてきますので、本書を読まれる方はご自身の信仰箇条に照らして問題がないならお読みください。

上級者向け触手BL22カバー14巻からこっち、ほぼTS(性別転換あり、の意)話ですね。
今回に至っては、唯一のエロあり話が異性エッチじゃねーか嘘つき!って呼ばれるような内容です。
これを書くために、マリオン・ジマー・ブラッドリーのダーコーヴァ年代記シリーズ『惑星壊滅サービス』を何度も読み返しました。実際にはおおきく違う内容ですが、面白かったし刺激になりましたね!

『手のひらを握る』
記憶を取り戻したボリスと、恰好いいこと言うメバルのお話。そして、心を許すがゆえに揺り戻されるPTSDのお話です。ボリスがいいやつで良かった。

『教会騎士の帰還』
イケメン修道士、メバルの味方につきつつもドデカス様への忠誠は捨てきれず。この後どうなったかは、まだ別のお話です。それにナナノナナエニヒトツカケ様も、絶対的な味方にはなりえません。彼は彼で、出来ることが多すぎる分、ひとつルールを破ったら次から次へと掟破りをしそうになる自分を知ってるからです。それに、掟破りをし過ぎる結果も。

『ヨアクルンヴァルの大あくび』
タイトルはのんきに、内容は介護疲れで家族崩壊寸前。現実世界の日本は、ただでさえ低い介護報酬を削るよう財務省が要求し、厚生労働省はそれを受け入れ、今後もっと福祉給付を削る予定です。他人ごとじゃないのよ。
とはいえこれは創作なので、お金持った僧侶が手助けを申し出るし、話をこじらさずに説得してくれそうな伝手が見つかります。とても運よく。重くなりそうな話をさらに手詰まりで終わらせるのは、書く側としても好みじゃないし、読みたくないお話ですからね。

『片付け済ませてから』

(ここからはR-18話題でお送りしております)
で、他ジャンルでよく書いてるような痛めつけたりは無し。侮辱も、羞恥をあおる発言も無し。相手の嫌がる行為は一切なし。あと、異世界なのに現界側の隠語は無いでしょ(代わりに、花と宝石と蜥蜴はでてくるよ)。
他人の書いた小説でなら『アリ』な表現でも、メバルが一番の大切と想う相手と交わるときには、『無し』で書きたかったのです。PTSD持ちに安易なお清めエッチが通用すると思ってんなよ!って。
キャラに思い入れが強いと、こういう一作が一番執筆に時間がかかりますねえ。

『ユリイカ』等の「割とまじめにやおいやボーイズラブの歴史踏まえて取り上げた」本では指摘ずみな問題ですが、BL小説にありがちなアナルセックスが、結局は異性愛描写の劣化コピーになってない?って疑問は。
たまに感じます。
ゲイ全員が全員、アナルセックスしてる訳じゃないし。ビアンな姉さんたちが全員、ディルドを使った挿入在りを楽しんでるかってゆーと、そうでもないのと一緒。

娯楽としてのポルノ小説に、そういう現実味は要らない、って言う向きもあるかもしれませんけどね。
ご飯で例えるなら、ありふれた「薄塩味のポテチ」に飽きた。そして自分の好みに合う飯を探すのが大変で、いちいち試食してたら飢え死にするから、自炊でフルコース作ってるんです。
薄塩味のポテチが好きなヒトはそちらへ、私好みのフルコースが合う人はこちらへ。
こうして、人類の文化多様性に貢献するのですよ。
おお、そろそろ『おっさん幼女成分』も不足してきたので、それも造らねばですわ。ふふふふふふ。

『拷問者の手紙』
年を越して2の月8日以降、男性形になったメバル時点のお話。クトゥルー信仰のみならず、ヨグ=ソトース信仰まででてきますので、本書を読まれる方はご自身の信仰箇条に照らして問題がないならお読みください。
『砦』への行き方は、「最初に出会う貧者に施しを。彼方のものへの砦へゆく道筋を知っているか、と尋ねよ。知らないという答えを得たならば、その言霊の揺らぎをアストラル界より捉え、歩み従いゆけ。重なりあう場所に門現れ、それをくぐり、全てに繋がる時空連続体のもとへゆける」です。
テイ・スロールの将来にかかわるキャラも出てきますが、この時点ではまだ明かすことができないことになっています。

表紙はク=タイス近郊の地図。『ファンタジー世界の地図を描く』ジャレド・ブランドの本を参考に自作しました。
中表紙には、ボリスん家《ち》をかきこんであります。カシド師が「≪森の大鹿≫の坊さんたちが」居ると言っていた隣の山は、右下側のほうのアイコン。そして、やや上の廃墟はボリスの失われた故郷になります。

いずれのお話も、イラストも、CC-BY4.0国際ライセンスにより、二次創作、三次創作を歓迎しています。やれると思ったらやってみると良いのです。技量の優劣はこの際気にしない方向でね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください