新刊『上級者向け触手BL23:山に住みたい魚の話4話』

『上級者向け触手BL23 山に住みたい魚の話5話』216円が配信開始しました。一連の流れの決着篇書いてたら時間がかかりましたが、これでひと段落です。 表紙は『ディユアンルーリン』店主、ツァオ・ナイナイさん。有翼人基準でいえばあまり美人とはいえないのですが、多くの冒険者から慕われています。 表紙画像上級者向け触手BL23

『想像の埒外』
町の子(乞食組合)やらも出てきますが、黒の暗殺者とカーウィーがこっそり接触してくる話。それとボリスが階段を踏み外す。

『何とかしたいときの話』
いわゆる足コキのエッチ。この二人だから成立するような。

『置き場所に困る』
黒の暗殺者の過去話。なんでカーウィーとつるんでるのか?の答え合わせ。クロが「お前を殺せば、少なくとも俺一人分は平和になる」って結論しなかった世界線です。

『罠を張る』
メバルに対する一連の襲撃の幕引き。戦力的には様々なメンバーが出てきます。 別の所では、『森の大鹿』が行方のわからなかった『ビアンフー信仰団』修行者を保護。『黒い神《くらきもの》』信仰団による『悲嘆と破壊の水底』所有地の襲撃が行われていたのだが、これはまた別のお話。
ハバジールについての種明かしもまた、別のお話。

『疑念と義務感』
修行時代の少年メバルと、彼を搾取した者がどうなったかのお話。リアルではないように描こうとはしましたが、書いててやっぱり、作者の古傷が痛かった。復讐は清算のためにするもので、その方法は多様です。『空飛ぶスパゲッティモンスター』様を信仰するドデカス様と、彼に率いられる教会のやり口は、ことのほか「表向きにしてある部分」と「裏向きの部分」の落差が激しいようで。
メバルが受けた虐待や搾取はこれだけではないのだけど、ひどく影を落とさなかった例もある、と言うお話。

いずれのお話も、イラストも、CC-BY4.0国際ライセンスにより、二次創作、三次創作を歓迎しています。やれると思ったらやってみると良いのです。技量の優劣はこの際気にしない方向でね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください