噂のInkarnateで地図を作ってみました

試作マップ

国の名前はジェネレーター使って適当にでっち上げ、都市名は同じジェネレーターででてきた名前の語尾だけを編集して作りました。(ミドリ側はRY、オレンジ側はOLK)
中央にイベント用っぽく白い島を作ったり、湾を挟んで見張り塔を作ってみたり。夢が広がりますね。

Inkarnateは、メールアドレスのみで登録できるサービスです。

縛り条件:プリセット以外は使わない(画像読み込みができるけど)

プリセットの色と塗りで割と『それっぽく』はできます。
リアルな海岸線は、自然物の輪郭を考えながら、あるいはトレースすれば楽勝です。スコップツールの追加モードと削除モード、ペン先の大きさを細かく使い分けて作りました。

評価できる点:樹木・丘・山岳などの塗りブラシは筆圧関知できました。
配置オブジェクトや区切り線のシャドウ・縁取り加工も標準装備です。


β版というだけあって、ないないづくし。
・輪郭線や、道路、境界線を描くツールがない
・先のように細い線を描くツールがないので河川が描けない
・文字は英字フォント、横に書くのみ。変形なし。透明なアンダーラインを引いてそこに文字を添わせる(INKSCAPEでおなじみの文字加工)ができない
・配置オブジェクトの数が少ない。コンパスローズが無い(これは読み込みで対応しろと言うことか。でも自作オブジェクトの著作権は「?」…まだ読んでないともいう)
・オブジェクトを3Dにしてほしい、2Dならせめて左右反転できるようにしてほしい

どんどんアプデして有償化するようですが。
今のところは地図絵師のほうが速くできる、かなーと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください