私事です:健康上の問題 【9/11追記】

9月6日。MRIの結果が出て、ついた病名は『卵巣嚢腫(良性)』。ほとんど脂肪の塊で、9*6*8センチと大きいため、全身麻酔下、腹腔鏡での摘出手術を行うことに。
紹介状をもらって、来週9月11日以降に、市内の大きな病院を受診する運びとなりました。
まずは、悪性腫瘍じゃないから安心してね!のご報告とさせていただきます。

9/11追記:最速で予約しましたが、手術予定は10月中旬。上司と相談の結果、手術日まで、立ち仕事はアレなので半日勤務となりました。

実は7月に、ちょー嫌な産婦人科の医者に当たっちゃいました。金の手交差点の近くにはもう行きたくありません。
そのとき処方された低用量ピルの残量が、少なくなってきましたので。8月中旬、評判よき別の産婦人科医にかかってきました。

これまでの既往歴(婦人科に関係しそうなもの)と、その際の診療でどこをどう検査して、何と言われたか、経過はどうだったか、など等。思いだせる限りを、レポート用紙にまとめて持ってゆきました(本人も、初めての医者との面談で、ちゃんと思いだせる自信が無かったから)。あまりに月経の量が多く(24時間で120-135ml)頻回(終わって18日くらいで次のがくる)とかです。

今回の先生も、50代以上の男性の医師でしたが。
レポート用紙は最初にざっと読み、話しながら必要に応じて細かく見る。ちゃんと患者の不安な点訊く。

ほんとはこうあるべきよね!

って思いながらエコー検査。
最初は横になってへその下を皮膚の上から。その時、「何かなこれ。ちょっとマークしますね」って言われた。
その後、お決まりの子宮内部エコーと、細胞診(子宮頸がん検査は今年未受診だと言ったため)。

検査後、フィルム見ながら説明されたのが、先の『ちょっとマークしますね』の中身。
直径7cmくらいの塊が、子宮の左側にある。
エコーではこれが筋腫(良性)なのか、卵巣の腫瘍なのかわからない。
一番近い医療機関でMRIを予約してもらい、8月31日にMRI検査と相成りました。結果がこちらの産婦人科に届くのに、約1週間かかります。
こういう段取りの話をしてきました。

さて本日。MRIの結果が出て、ついた病名は『卵巣嚢腫(良性)』。ほとんど脂肪の塊で、9*6*8センチと大きいため、全身麻酔下、腹腔鏡での摘出手術を行うことに。
紹介状をもらって、市内の大きな病院を受診する運びとなりました。放置しても自然消滅はしないそうです。

「あのー、日帰り手術的なものでしょうか」
って聞いたら、
「全身麻酔で手術するので、4日から7日は入院しますよ」
というお返事でした。

職場の上司にはこの辺詳しく報告して。
看護師(とっくに閉経した年齢の女性というお察し案件)にはダンマリしておこー……と、思ったものでした。
いやだってですよ!?
読影した医師でもないのに病名連呼したりとか、昨日なんて月経からくる立ちくらみで早退するっつーったら、
「生理は毎月のことなんだから、考えて!?(さも当方が考えなしであるかのように責める口調)」
って言われました。
毎月の対策(鎮痛剤)で痛みが消えない&初めての立ちくらみなんですけど!
介護職が身体介護中に立ちくらみとか起こしたら、事故に直結するんですけど!

個人的な好き嫌いが、仕事上の同僚への態度に直結する人は、苦手です……。

まずは、悪性腫瘍じゃないから安心してね!のご報告とさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください