最新骨相学は嫌な感じに的中する

骨相学、それは19世紀に発生し、20世紀にはすたれた(当たらないんだからニセ科学に堕ちた)技術。

なのですが、顔データを大量に食わせた顔認識DBは、嫌な感じに的中するという記事を拝読しましてな。

『性的嗜好や支持政党が顔認識アルゴリズムでわかる研究が物議を醸す』
https://jp.techcrunch.com/2021/02/28/2021-01-13-facial-recognition-reveals-political-party-in-troubling-new-research/

すでに「ウソだ!こんなのは当たるわけない!」という否定から、「技術が悪用/濫用されないためにはどうしたらいいか?」を議論する段階でしょう。

私の予想する、顔認識アルゴリズムの援用。
人間は便利なほうへほうへと流される。 『最新学習データを用いたAI骨相学(ありがちな名前)』で判明する支持政党や性的志向などを、相手に黙って判断に使うでしょう。
「お互い様だ、相手だって使っている」
といって一歩も譲らないが、デジタル・ディバイドには知らん顔する。 ……じゃないですかね?現時点でみられるデジタル・ディバイド放置からして。

人間の理性や知性を信頼する運用は、 ・顔を撮られない(私は『最新骨相学』に判断されたくないという意思表示) ・撮ろうと持ち掛けない(私は『最新骨相学』で他の人を判断したくないという意思表示) の2つになろうかと思います。(多数の人が絶対に選ばないだろう選択肢)

ただ、この方法は個人間でのみ運用可能。

自販機やコンビニ、駐車場……。 あらゆる場所にある監視カメラを通じたデータ採取に対抗するのは何か? そうなると、『法規制』じゃね? という考えはあり得ます。(あと、予防効果のない、証拠能力だけの防犯カメラは撤去したらいいのにって思いますね)

おまけ解説【予防効果がない】とは
そこにカメラがあっても、「刺し違えてでも何かやる気がある犯罪者」は止まらない、の意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください