パブコメ出したよ!子供若者育成支援推進大綱案

発端は、山田太郎さんのツイート。

内閣府共通意見等登録システムで、オンラインのパブリックコメントが送れます。要は、スマホでもパソコンでもOKってこと。

上の大綱案に、私は反対です。反対ポイントは、以下の通りに書きました。

ネット依存、ゲーム依存に対する政策は、子育て支援で解決すべき問題。
ゲームやネット、コンテンツ事業者への規制はあり得ない。子供によるクレジットカードの不正使用事例は、家庭教育、特に親の管理義務がなっていない、不注意である。この責任をコンテンツ事業者にかぶせることは、経済活動への不法な侵害である。

人とのかかわりは、今の時代ネット、ゲーム内でも重要な要素。家庭や学校教育からネットを排除しても、『現代のネット社会に不適応な人』が形を変えるだけである。

依存対策に、自然体験だの、短期/長期問わず施設での教育だのをうちだす特定の業者も排除するべき。子供は社会の中で育つ。依存症の予防に関する指導の適切な実施は重要だが、久里浜医療センターはアルコール依存症の実績はあれど、ゲーム障害に関する自前論文(他の研究者による検証なし)を乱発している。新たに『ゲーム障害』を作り出し、有識者会議にねじ込もうとしている。

「家族関係や他の社会とのかかり」が破綻している結果、ゲームやネット以外に安心して過ごせる場のない人がいる。
そうした人を追い詰めるような、『自然体験』だの『施設への隔離』には断固反対する。

 https://www8.cao.go.jp/youth/bosyu/taikou_iken-r030305.html で登録できるから、氏名・年齢・性別・職業等、堂々と書いて提出しました。

2021年3月15日までなので、ご自分の言葉で、ただし「読みやすく」「何に反対か」を語りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください