それでTERFって言うんだ?

議論の前に用語整理。

TERF(ターフ) 元はトランス排除的ラディカルフェミニストとはトランスジェンダーに対して排除、排斥的な立場を採るフェミニストのこと。なんだけど、今では『性自認が女性なら女性です』に反対すると、ターフ呼ばわりらしい。

トランスジェンダー 私がこの単語知った当時は、身体性別と精神的に自認してる性別(性自認)が異なるひと、っていう意味だった。最近では、オートガイネフィリア(女装している自分に興奮する異性装好き性癖)も含むらしい。

で、問題なのは『性自認が女性なら女性です』。

執筆時点での戸籍法では、子供が無い&SRS施術(性別を身体的にも移行させる手術のこと、とうぜん後戻りはできない)済みである&精神科医のカウンセリングを経ている等、様々な条件をクリアしてないと、『性自認関係なく女性が女性だし、男性が男性』ですな。

私は、身体性別が女性ではないひとに、『女性用』のエリア、とくに防御の低下する『トイレや更衣室、公衆浴場』には入ってきてほしくない。
一部のトランス活動家が、「前(男性器)をはさんで浴場にはいったが何も言われなかった」などの発言をしている件など、「や、それ周囲の女性が怖くて言い出せなかっただけでは?」と思っている。

また、MtF(Male to Female、男性から女性へ変化したいトランスジェンダーのこと)当事者の声ではなく、活動家が『性自認が女性なら女性です』を推進している声が大きいこと、には危惧を覚える。

なので、『性自認だけで性別変更OK』法案を通そうとする政治的な動きには、今のうちに『反対です』を表明しておく。他の政治的信条が異なり、何ならとんでもない反動的道徳保守だろうとも、反対票を投じてくれる人となら共闘するだろう。これは表現の自由を擁護する活動とも一緒。

……という内容のツイートを投稿したら、

「女性の中にもペドやビアンやら居るよ」ってリプライが飛んできたから、私の上記の信念は、ますます強固なものとなりました。

 第一に、生得的に女性同士なら、防御の低下する場所でだって、物理的に抵抗ができるでしょう。ある程度は対等に。
 生得的に男性で、かつ『性自認が女性』と言い張るひとに対しては、物理的抵抗が高い難易度になる。筋肉の量が違うんだから。
 プロレスリングにおいて、男性レスラーならやっていいワザでも、女性レスラーには禁止技になってるものがあるのは、『どんだけ頑張って鍛えても、首や肩の筋肉量が根本的に少ないので、やっちゃだめ』だからですよ。

 第二に、私は『内心は裁くな。あくまで行いを裁け』という、強固な法治意識を持っている。だから、女性用エリアで、ペドやビアンが興奮していようが、『性虐待や犯罪とされる行為』に出ないうちは無視するし、言葉で拒絶することで引き下がってくれるなら、不快ではあるが、物理的に何とかしようとはしない(だろう)。
 『性自認が女性なら女性』が法律になって、身体男性(SRSしてないよ)が女子刑務所でレイプしまくった、という他国の事例を見聞きするに、「これはエリア分割をしておかないといけん」と考えるに至る。『行いから判断した』結果だ。

 あと、当事者MtFが本当にそれを望んでいるのかな?という疑問に、活動家たちは絶対「望んでいない」とは答えないよね。
 また、たとえば「完全個室制でエリアを構成し、性別に関わらず利用し、性暴力の発生しないように運用する」といった「枠組みを変える」議論もしていないようである(私の情報視界には入ってきてない)。
 単に女性エリアに「入れろ」という要求、「入れなければトランス差別だ」という。その硬直した態度は、議論をする態度とはいえない。

 トランスジェンダーを身近に感じない人であっても、
「SRS施術済みで、完全にパスできるトランス」
 であれば、女性用エリアに入りたい、という要求を『それはOK』というだろう。
 しかし、「トランスジェンダーです、性自認は女性です」という、オートガイネフィリア(女性の恰好をした自分に興奮するが、身体は男性だし性交の対象も女性)や、「SRS未施術、カウンセリングもそもそも受けてない」自称者には、
『排除はやむなし』
 をいうだろう。私は上記のようにいう。

 それでTERFって言われちゃうなら、言っていいよ、言って言って。である。
 表現の自由は、誰にでも、一人に一人分ある。そして、言った内容が侮辱や恫喝、脅迫に該当するなら、その自由の代償は当然支払わされることがあるのだから。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください