上級者向け触手BL17: 山に住みたい魚の話4話

cover_BL17

上級者向け触手BL17: 山に住みたい魚の話4話 [Kindle版]¥108

14でスピンアウト編として展開してきた『山に住みたい魚の話』続きの4話を収録。
『夢魔から逢瀬の贈りもの』
夢魔が忙しい夜の、わりといい話。水分摂取が重要な一族なんだから、メバルがどれだけ喜んだかはお察しの通り。現界がわでは色々制約があるので、せめてアストラル側だけでももうすこし自由度のある触れあいを。

『夢魔はする事があって忙しい』
夢魔が忙しい夜の、魔サイドのお話。ギーラに理解できる範囲で邪悪と絶望を絞りとる、のが彼女の目的です。「罪の呵責を全然覚えない人」と「ちょっとでも後ろめたい人」相手では責め方も変える。それができるようになり、さらに熟達することで、≪夢魔女王≫へのステップアップもできるのですよ。

『地図という秘密』
アロモシト修道士がもーちょっとダメ人間だったら、カーンと指輪をテーブルにたたきつけて、
「なんっっでメバル様じゃなく、ぽっと出の男と!指輪を!分かち合わなきゃいけないんですかッちきしょおおおおお!」
ぐらい叫んでますが。ラノベ文体じゃないのでやっておりません。上記のように、思いめぐらしは、した。

『依頼人はクロ』
クロ再登場。カーウィーともご縁を結んだので、今後話を絡めやすくなったね!というためだけに書きました。あと、
「お前の恋人?」「ぶふっ!」
というやり取りを描きたかっただけです。
『山に住みたい魚の話』も他のも、何処にでも転がってそうな恋物語のちっさいエピソードを、自分設定で書いてみたかったから書いてるんですよ。そして説得力持たすために、他の設定やイベントも描写してたらこうなったのです。

表紙画像を描きおろし、今回は『テイ・スロール』魔術師ローブ着用。まだ若いんでそばかすアトの陥没残ってるけど、無頓着。作品タイトルとはまっったく無関係な性指向。論理的思考が最大の武器で、好奇心も旺盛な末っ子だったのが、作中では「お兄ちゃんキャラ決定済み」にして「幻獣の管理責任」ものしかかってきております。がんばれ。

中表紙は表紙画像の彩色版でございます。続きをよむと、表示されます。cover_BL17inside

いずれのお話も、イラストも、CC-BY 4.0国際ライセンスにより、2次創作、3次創作を歓迎しています。「書いてないことは設定してないか、まだ書いて無い事。2次なり3次なりで使うときは、後日ひっくり返されても泣かない精神で改変していいですよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください