新刊と既刊再販のお知らせ

cover_BL14Amazonにて『上級者向け触手BL14』が販売開始されました。

それと、先の記事で改訂中だった『上級者向け触手BL』9-11が再販されましたこと、合わせてお知らせいたします。詳細は「続きを読む」からどうぞ。 続きを読む

Kindle買う前に元をとった話

自作小説をアマゾンで売ってるので、
「そろそろキンドルくらい買って、提出前に自宅で最終チェックしたいな」
と思ったのです。

まず調べてみたのは、『提出前のファイルを、直接キンドルに送り込んで読めるん?』ということ。
読めるらしい。
DRM(デジタル著作権保護)なんてつけてないから、気にしなくてよいそうな。

では書籍管理用のソフトは何があるの?
昔むかし、ちょっと手ぇだして結局「フリーなりの機能不足」で放り出したソフト『Calibre(キャリブレ)』が優秀だという。
そこでさっそくDLしてみました。カスペルスキーで入念にチェックしてから、インストール。

自作のePUBファイルを、『Kindle Previewer』でキンドル用のファイル形式.mobiに変換。
で、このファイルをキャリブレに登録してみたわけです。

「同一名称の書籍がありますが、上書きしますか?」

みたいなエラーが3回でました。
おかしいなー、『上級者向け触手BL』の9-11はどうなってるのかなー、とePUB編集ソフトで、書籍情報を見たら『8』巻のまま。
そういや新規に造る時、ファイルコピーして、タイトル部分変更して使いまわしてて、そのまま手つかずだったんだね。

Amazonの書籍ファイルを、修正したもので再提出しました。本文をとりあえず読みたい方は、pixivからどうぞ。
http://pixiv.me/kirimisakana
キンドル買う決意したとたんに、元を取った気分になりましたとさ。どっとはらい。

改訂中のお知らせ『上級者向け触手BL』9-11

Calibreを入れたおかげで、『上級者向け触手BL』の9-11ぐらいが書籍情報おかしい事判明しました。AmazonKDPにも再提出して、現在審査中です。本文をとりあえず読みたい方は、pixivからどうぞ。
http://pixiv.me/kirimisakana
再DLは申請すればできるようです。ご参考までに。 

新刊のお知らせ『上級者向け触手BL13: 山に住みたい魚の話 16-22』

cover_BL13『上級者向け触手BL13: 山に住みたい魚の話 16-22』が出ました。Kindle版と書いてありますが、スマホでもPCでもお読みいただけます。

気になるお値段は日本Amazonからですと¥210となっております。今回収録したお話は『山に住みたい魚の話16-22』の6篇、詳細は「続きを読む」からどうぞ。 続きを読む

表紙を準備中『上級者向け触手BL13』

 

Hyoushi_BL13_line『上級者向け触手BL13』の表紙はこんな風になる予定です。以前予告していた『黒の暗殺者』を書きあげたので、表紙がこうなりました。

クロ(仮名)とボリス、そっくりに描くためにまったく同一の3Dベースモデル使用。顔と体型の一部は絵にするとき超いじった。

色塗り終え次第、ePUB用意してAmazonに提出します。またご報告いたしますね。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
切身魚/Kirimisakana 作『上級者向け触手BL13表紙線画』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。塗っていいのよ。発表していいのよ。でも作者名と下記URLと上のマークはちゃんと継承表示してね。
http://nekomimi.staba.jp/blog/にある作品に基づいています。

新刊のお知らせ『上級者向け触手BL12』

AmazonにてKindle版¥105で公開されました。cover_BL12

 

今回は『山に住みたい魚の話』12-15話収録です。

『思い出した詩』
前回の『上級者向け触手BL11』収録『お兄さんになってから』の直後、女性形にもどったメバルのお話、そしてそのとき、告られてどうしたかというお話。
『最初からはじめさせないこと』
『思い出した詩』の翌朝。
こうやってはじめさせないよう、自分を制御できる。その程度の好きであって、理性ではどうにもできないほどの「熱情」ではない。
メバルは破滅願望もつほどには、怒りをため込んでない(持てない)ので、自己防衛のために「ごめんなさい」を言うでしょう。

『女たちの杯』
ヨアクルンヴァル、いいヒトです。ちゃんと理由があって動く。現実世界にいそうで、なかなか居ないタイプ。
アーネルにも今後の再登場、あるかもと思います。死んだとか他所の次元界に拉致されたとかならともかく、どこかで生きているんですから。
表紙画像を描きおろし、今回は『髪切ったメバル』と、背後からカメラでのボリスです。
次回は『フィンとメバルのお料理万歳』『第一話直後、ボリス視点』などをお送りできるよう頑張ります。
いずれのお話も、イラストも、CC-BY 4.0国際ライセンスにより、2次創作、3次創作を歓迎しています。「書いてないことは設定してないか、まだ書いて無い事。2次なり3次なりで使うときは、後日ひっくり返されても泣かない精神で改変していいですよ」

pixivに小説公開しました:山に住みたい魚の話

『山に住みたい魚の話』からご覧いただけます。
cover_BL11画像

Kindle用『上級者向け触手BL11』を本日より発売しました!先に中身だけ読んでみたい方は上記からどうぞ。

この山に住みたい魚の話、ほんとうの『終わり』の話をかき上げてしまったので、もうあとは途中の紆余曲折を忘れずに描くだけです。途中で著者が死んだら、そのときはHDDからサルベージ公開を遺言しておきますので、ご安心ください。
CC=BYにしておかないと、

「耳の上にくるっと巻いた山羊角をもった、ふわふわ巻き毛の女の子が、テイのことを「おにーたん!」と呼んで懐きまくる先のお話」

なんて、私の筆力じゃあ書けない描けないものが、世の中に出られないかもしれませんからね。二次三次創作は大歓迎ですよ。

さて、ここからはあとがきも兼ねて。 続きを読む

山に住みたい魚の話 資料(4-5時点での公開情報)

『上級者向け触手BL10: 山に住みたい魚の話 4,5』時点での公開情報です。 『上級者向け触手BL9』時点の設定公開情報と併せて読むと、また味わい深さが有るかも知れません。

続きを読む

「ゲームの中くらい」、その言葉の後に。

(以下の文章は、『ドラゴンクエストX』オンラインの冒険日誌に、キリミサカナとして書いた文章をそのまま転載しております。ゲーム内用語や理解しにくい経緯の表現があるのは、あらかじめご了承くださいね。)

「ゲームの中くらい」という言葉のあと、どのように価値観が現れるだろか、考えたことは有るカボ?

っていうのもな。

「ゲームの中くらい」っていったあと、

「現実世界では制約がある。そこでは実現不可能な贅沢や快楽追求がしたい」

というタイプと、

「現実世界では制約がある。そこでは実現不可能な清貧と徳の追求がしたい」

というタイプが二極分解するからさ。実際には、その間のグラデーションが混在してるのだけど。

色々すっ飛ばした結論:

1.どこにチーム集会所が移動しようが、「共有タンス」と「共有ベッド」があれば文句はないカボ。

2.リーダー交替?誰が担当しても異議はないカボ。積極的賛意もないが、それは『ぼっちーむ』だからさ。

3.一連の意見陳述で見えてきた各人の価値観は、尊重するカボ。
 カボは平和主義者だ。そこに友情はなくとも、「どうしてそのようにふるまうのか、背景は理解した。やっぱり嫌いだ、好きにはなれない、そういう事もある。でも闘争せずに付き合うしかないから、お互い喉元に噛みつくのは無しにしよう」というのが平和だと考えてるカボそこに正義が感じられずすっきりもせず、気持ちよくもないかも知れないが、平和を貴ぶカボよ

『きゅーとなカボチャ僧侶』というより、プレイヤー自身の本質が、ブッディストでストア主義哲学の徒ゆえ、カボは後者。

「なにものにも拘泥せず、飄々と水のように適応する」のを、いいプレイスタイルだと考えてるカボよ。

一番解り易いキャラクターを出すなら、それは『ムーミン谷』シリーズの『スナフキン』って感じかな。

あのシリーズ、作者自身が女性を愛する女性としてすっごく興味深い、深い思想と風刺の精神をもった人カボが……まあそれはおいといて、カボ。

なにものにも拘泥しない。

数秒というか、1分足らずの距離をはしりゃーどーとでもなる『バザーやその他施設の配置』。

25ゴールドだしゃあ着く町の日替わりクエ。当初の100ゴールドに比べたら1/4カボよ。

バザーに至っては、今度の世界バザー統一のおかげで、大陸ごとの価格を悩む必要すらなくなった。

こうしたことに『強くこだわる』プレイヤーが居るってこと自体に、今回えらい驚いたカボ。

カボは、自分がどこの住宅村に住むかってことを、こだわらない。少なくとも、選択の自由があるんだから。

選べる範囲内で自分の好みに合ってれば、そこに文句いう理由は無いし、変えたければ変えるための努力はする。そして、自助の努力もせず、変更を運営に求めるべき筋の話はどこにもない。(土地業者は大っ嫌いだけど、彼らを大儲けさせないために自分で工夫することはできるよねっ、てこと)

だからだな。

チーム集会所の異動あとに出てきた『ぼっちーむらしさ』への『こだわり』と、その後『サブリに何も相談なしで』発議された『リーダー交替』には、正直戸惑いを禁じ得ないんだカボ。

ニンゲンが人間らしーいことを言ったりしたからといって、驚いたり狼狽するのは、まことにカボの未熟というものだな。わが師の教えるストア主義哲学の道は、未だ遠い。

カボの未熟はさておき、だ。

ゲーム内に存在する価値は、どこにも持って行けない。

僕たちはそのうち、眼や耳は感覚が鈍るし、指は反応が遅くなる。そして最後に息と手足が止まるとき、持っていけるのは、共有した経験と記憶だけカボよ。

ゲーム内で共有した経験を、大事にすることはできるけど、逆に言えば、大事にしなかった、されなかったとしても、拘らずに放りだしていける。

というわけで、さっきの『色々すっとばした結論』カボ。

現実世界では様々な物理制約があって、実現できないことが多いんだ。清らにして、善き人として生きることや、徳、とくに慈悲と献身、寛容の徳を追求することとかな。

というわけで、さっきの『色々すっとばした結論』カボ。
現実世界では様々な物理制約があって、実現できないことが多いんだ。清らにして、善き人として生きることや、徳、とくに慈悲と献身、寛容の徳を追求することとかな。
ゲーム内でくらい、そういうのを実践してみたい。実際には色んなモノゴトを自由に選べない、苦痛の記憶と他人からの偏見に満ちた人生。セクマイとして、サバイバーとして生きるってのは、結構重たいんだ。偏見うけたら、攻撃されたらやり返しまくって、怒りの精霊に憑りつかれたように反論し、関係性の薄い連中の無理解と無慈悲にイライラしながら、場合によっては沈黙し、それで得るのは自己満足の孤独ってのはよぅ。
そんなんを放り出して、『軽やかに飄々と遊ぶプレイヤー』らしく楽しんでゆきたいもんだよ。

君は、どうだい?

レシピ:林檎のタルトタタン

用意したもの:100gぶんのホットケーキミックスでは不足したので、150gに変更した。

【ケーキ種】
薄力粉 113g
砂糖 30g
塩ひとつまみ
ベーキングパウダー 7.5g
粉類を一度深いボウルにいれ、泡だて器でしっかり混ぜ合わせる。
卵(M)1個+牛乳 90mlと適当に豆のゆで汁で水分調整。粉のだまが帰依て滑らかになればOK。

林檎(サンフジ使用、甘いだけだったので、次回はクエン酸をフリカケ予定)大玉なので3/4個
バター20g
砂糖45g
シナモンパウダー適当

1.バターと砂糖を合わせて、フライパンで薄く色づく程度まで加熱する。

2.林檎の薄切りを2-3層重ねて1.の上に敷く。蓋して弱火で6分加熱。汁気がかなり出る。

3.上からシナモンパウダーを振る。ケーキ種をできるだけ均一にならし入れる。

4.蓋をして弱火で9分程度加熱。中心部分の加熱が足りないので、バーナーで炙る。

5.大皿をフライパンにかぶせ、ひっくり返して出来上がり。

カセットガスコンロなので、火力調整はこまめに。