情報整理:児童ポルノの画像RTしただけで書類送検の話

元ソース記事 朝日デジタル

児童ポルノをリツイートした疑いで書類送検 全国初:朝日新聞デジタル2014/11/21 11:14)

別件ですが:ツイッターに投稿された女児のわいせつ画像をリツイートしたなどとして、23歳無職男性と52歳配送業男性を書類送検、中2男子を児童相談所に通告

http://linkis.com/news.nicovideo.jp/wa/GV7Z6

書類送検(しょるいそうけん)とは、

『被疑者の身柄を拘束することなく,起訴の当否を判断するために,捜査書類や証拠などを警察から検察庁へ送付すること。』

なので、逮捕と勘違いしないこと。

ましてや、有罪無罪も判定しないこと。「推定無罪の原則」を思い起こしてくださいね。

「この画像をリツイートし、不特定多数のネット利用者に見せた疑いがある」のに、「児童との直接の知り合いではない」。

ではRT元の画像は何?
どこの誰が投稿したものか?
それは自撮りなのか、虐待や搾取によるものなのか?
神奈川県警・熊本県警の合同捜査本部が捜査すべきは、『そこ』のはずで、マスメディアが取り上げるべきも『そこ』ではないの?

私が常々感じている問題点は、此方の記事で触れられています。( 児童ポルノ禁止法改正案は「21世紀の焚書」山口貴士弁護士が警告【争点:クール・ジャパン】http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/14/yamaguchi_takashi_interview_n_3439572.html )

URL紹介だけでも公然陳列の共同正犯という判例が確定してます。故意でなければ本来セーフですが、『故意じゃない』証明は難しいものです。( http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1411/21/news172.html )

ミーガン法と同様の法改正を支持できない理由

松島法相が先日、強姦や強制わいせつを厳罰化、松島みどり法務大臣が法定刑引き上げ検討を指示 (http://irorio.jp/agatasei/20140911/161359/)とありました。これと関連して、ミーガン法について考える機会を得ましたので、こちらに投稿します。

Wikipedia ミーガン法の項目(2014年10月5日 08:08アクセス)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3%E6%B3%95

性犯罪の項目より。(2014年10月5日 08:10アクセス)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E7%8A%AF%E7%BD
%AA#.E5.86.8D.E7.8A.AF.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6

再犯について調べた後、

ミーガン法のまとめ @ macska dot org
http://macska.org/meg/consequences.html

を拝読。特に、2004年の記事ではあるが、

ミーガン法ふたたび
http://macska.org/article/57

は10年前ですのに、現在にも通用するお話と思えます。このまとめ情報は示唆に富んでいます。
他にも情報を仕入れました。反対の立場からでなく、改正に賛成する立場の意見。

例えば、PDFですが

『性犯罪者対策
アメリカのメーガン法と日本の出所情報提供制度 』
http://www.clb.law.mita.keio.ac.jp/ohta/resume121113-2.pdf

『我が国の犯罪情勢とミーガン法の導入可能性について』
https://t.co/im66cDa1nB

同PDFより、引用します。

2.再犯者の増加 より
「この10年間で我が国の犯罪の認知件数はほぼ半減し,検挙率は10ポイント以上回復している。刑法犯全体の検
挙率は3割程度であっても,強行犯の検挙率は6割を超えており,したがって,マスコミ報道にあるような犯罪
の発生件数の増加も,凶悪化も進んではおらず,治安の悪化は神話に過ぎない。」
6.我が国での性犯罪の再犯について より
「性犯罪よりも明らかに窃盗事件の再犯率が高いといえる。したがって,性犯罪のみの再犯率が毎年,高いとは
いえないとは言い切れないのが実情である。」

10.おわりに より
「我が国ではその実情からして,ミーガン法の導入は犯罪の予防措置として十分な効果を発揮せず,むしろ,
犯罪の前歴者の人権侵害をもたらす可能性もあるので,性犯罪者のアセスメントならびに治療教育に力を注ぐこ
とが重要であると考えられた。」

以上引用終わり。

老い先考えて今を抑圧できるか!

ツイッターで、こういうツイートを捕捉しました。

「RT @0505YsT: 認知症の患者さんは昔のことは凄く覚えてるみたいで、今日70歳くらいの患者さん(女性)が「男同士がナニを擦り合わせてひゃはは」とか言ってたから腐女子の皆さんは老後気を付けて下さい at 10/02 22:01」

それを読まれた櫻井水都@M3-2014秋【お-21a】 @sakuraiminatoさんが、

「でもね…この上さらに非情な事実を重ねちゃうけどね……腐女子にかぎらずおよそすべてのオタク属性は治癒なんてしないものなんだよね…(震え声」

と書いてらしたのですよ。その後のやり取りから、要約して申しあげましょう。
私は介護施設勤務しております。
そういう施設勤務してますと、別にマニアックな性癖だの趣味だのは、治癒してもしなくても、動じないです。
動揺するような方は、速攻で介護業界から脱退なさるか、もっと楽な訪問ヘルパーに登録して、勤務先をえり好みするヘルパーになります。
あるいは、「その手の趣味を持ってない同僚相手に愚痴る」ですかな。

認知症の種類や、病態は個人差がありますが。
基本的には、
「状況判断できない(老化の為に情報が入らない、入った情報を認識できない、認識しても判断できない)」
のです。

ですので、治癒なんて考えて今の人生を抑圧しても、無意味です。むしろ害悪です。
誰もが必ずいつか老いて、情報入力が難しく、認知機能は衰える。誰もが、です。
治癒するようなもんなら、最初からはまる訳がありません。

だから、抑圧するより今を楽しみましょう。

そうしないと、『うつ病と認知症を併発した年寄り』になってしまいますよ。いつも鬱屈してイライラする系。もちろんそういう高齢者はたくさんいらっしゃいます。
「ああ、この方は若い頃、抑圧されてお過ごしになってたのだろうな、お酒と、お酒の場での愚痴や感情発散以外は楽しめなかったのだろうな」
と思わざるを得ない人とか。
三単語以上の言葉を、女性の高いトーンで言われるとマジギレ、瞬間湯沸かしマジギレで怒鳴りだす人とか。

一方では、女学校時代の趣味よもう一度、と人生をお楽しみな大お姉さまがいらしたりします。

私は後者のような人を見ますと、人生に希望が湧いてまいります。
なるのならば、腐女子趣味全開で『貴腐人』の銘に相応しい高齢者になり、後続の女子たちに希望を与える存在となりたいものですね。
将来の恥?
でも本人はそれを認識できないです(だからこそ認知症)。
周囲のプロだって、周囲に混乱広げないように対処するから、プロなんです。
将来、あるかどうかもわからない恥を憂いて『今』を抑圧するなんて、馬鹿らしいことではありませんか。

ユニセフによる『企業向けガイドライン』続報

この間の記事の続きです。Twitterでも情報集めておりまして、こちらの記事を知りました。

ある程度抜粋された記事:すちゃもく雑記 『インターネット上の子どもの保護に関する企業のためのガイドライン』(1)用語集
http://d.hatena.ne.jp/beniuo/20140912

国連ユニセフの新定義では児童ポルノに含まれるものとして「実際のまたは疑似の明示的な性的活動を視覚的に描写」「テキストやライブストリーミングも」とあるので、文字や音もダメです。

ガイドラインの定義で”a child is anyone under 18 years old”とあるので、実在する児童の人権を侵害する『児童性的虐待物』のことである、と考えられます。

誤読や拡大解釈の余地があるのも事実ですので、規制強化の主張に対しては「このガイドラインは18歳未満の実在する児童に対するものである」という定義を忘れないようにしたいものです。
「非実在の児童を描いたフィクションは無関係」という事を、肝に銘じましょう。そして、
「ガイドラインに非実在は含まない。誤読してはいけない。誤読を誘導する者は、扇動家である」
と言えると、なおよいですね。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
切身魚/Kirimisakana を著作者とするこの 作品 は クリエイティブ・コモンズの 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

スピンアウト作品:記録された血の報復

『上級者向け触手BL』シリーズにところどころで登場する「バン・チオン人」。具体的にどういう人たちなんでしょう?と考えていたら思いつきましたお話です。

血の報復と言うタイトル通り、流血や殺人にまつわる内容が文字で表現されています。小説本編は、2ページ目以降からご覧ください。

この小説は、CC=BY4.0に基づき、転載再配布加工N次創作してよいですが、CC=BYの条件を守る必要がありますクリエイティブ・コモンズ・ライセンス
切身魚/Kirimisakana 作『記録された血の報復』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

ユニセフが宣言したのは、『お前にされたことを、言うな、書くな、描くな』ということ。

昨日このニュースを知りました。『「インターネット上で子どもを守るために」
ユニセフ/国際電気通信連合(ITU)情報通信技術(ICT)関連企業向けガイドライン発表』 このPDFで定義される児童性虐待物とは、ビデオ、図画、マンガ、文字。

私のような性虐待サバイバーにとって、これは検閲を意味します。ECPAT(反ポルノ団体で、似非ラディカル・フェミニストとしても知られている)や他の検閲団体が、「児童ポルノの定義を変える」ことについて書いていたのを思い出しました。『児童ポルノではなくICPOが定義した【児童性虐待記録物】と呼んでください』キャンペーンに人々が熱心に署名していたころです。
この定義は、実際の犯罪行為に基づいた厳密な定義です。反検閲運動家や、親御さんたち、オタクやサバイバーが署名しました。署名した人たちは、実在する子供を救いたいと願い、検閲に公金が使われることを許せなかったのです。ユニセフはCAMの定義を歪曲しつつあります。

私はショックを受け、腎臓を突き刺されたかのようなダメージを感じています。
「これは企業向けに過ぎないよ。個人の表現の自由を心配しなさんな」
と言われるかも知れません。でも、日本は『報道の自由度』2014年ランキングで59位です。『男女格差報告』2013年では105位です。刑事司法手続きに至っては、国連拷問禁止委員会で「中世のよう」と非難されました。人々は何か起こると、加害者ではなく被害者を責める傾向にあります。私はそんな楽観的にはなれません。

私はずっと、こうした検閲は性虐待サバイバーの証言を抑圧すると訴えてきました。私が『自分のされたこと』を言ったり、書いたり、描いたりできなくなった時、誰かの家の中で進行中の虐待について、誰が聞いたり、読んだり、見たりできるでしょうか?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
切身魚/Kirimisakana を著作者とするこの 作品 は クリエイティブ・コモンズの 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

UNICEF declared “don’t speak, write and draw what you have done.”

Yesterday, I knew this news. The guideline “for Industry on Child Online Protection 2014 edition“ said that “CHILD SEXUAL ABUSE MATERIAL(児童性虐待物)video(ビデオ), drawings(図画), cartoons(漫画),text(文字)”. To survivor from sexual abuse, as I am, it means the censorship. I remember that ECPAT (anti pornography activists, and known as radical-false-feminists) and other censorship activists wrote about “changing the definition of child pornography” while people petitioned the campaign that change the name “child pornography” to “child sexual abuse material(CAM)as International Criminal Police Organization (ICPO) defined enthusiastically. The word defined the term based on real crimes strictly. Anti-censorship activists, parents, otaku and survivors petitioned. They want to help real children and can’t allow to using money for censorship. UNICEF is going to distort the meaning of CAM.

I am shocked, feel damage as if my kidney is pierced. You can say, “This is just for industry. Don’t worry about personal freedom of expression.” Though, Japan is ranked in 59 in The World Press Freedom Index (2014). Ranked in 105 in The Global Gender Gap Report(2013). Criminal justice system of Japan is criticized “medieval” in the Committee against Torture. People are tend to criticize the victim, not the assailant. I can’t be so positive.

I have been appealed that those censorship would depress survivor ‘s evidence. When I can’t say, write and draw what I have done, who can listen, read and see what is going in someone’s home?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
切身魚/Kirimisakana を著作者とするこの 作品 は クリエイティブ・コモンズの 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

Kindleで配信開始『上級者向け触手BL時系列まとめ本』

上級者向け触手BL7表紙

実質上『上級者向け触手BL7』になります。
1-6巻各話を時系列にまとめ、新規を4話追加しました。紙の本で296ページとか言われたので、312円(3.00USDの日本円換算らしい)で配信中でございます。
登場人物紹介も追加しました。
表紙のヒト?ああ、本編には出てきてるけどこの姿ではない御方です。

新規収録の小説は、『本当はペンタデカ』と『16の再生』だけのつもりでしたが、一度Amazonにアップしたあと重大な抜けに気が付きました。販売中止して、さらに追加で『そして笑い合えれば良かった』と『馬鹿イヌの走る夜小路』も収録です。いわゆるホットスタート(差し迫った状況からスタート)での、「どういう経緯でそんな状況になったか」話を書いてみたかった。

Amazon Kindle にて配信(レンタルやKDPセレクトも登録済み)中です。

ドラクエX内で人権侵害ガーと言い立てるヒトたち

今日のお題はこちらの提案広場記事からです。(短縮URL)
http://t.co/4wr3ea2suA

根拠となる論文つきで反証求めたいのですが。
恰好いい任侠ヒーローの出てくる映画を見た後、肩で風を切るように歩く観客はいる(これを創作物の限定効果という)。でも、人生に重大な影響を及ぼすような危険行為、リアルやくざにケンカを売ったり(これを創作物の強力効果という)は、しない。

仮想ゲームの中でどういう属性の仮想のキャラをコンシェルジェにしようが、それは『実際にひどい目に遭わされてるヒト』には一切関係ない。
どういうコンシェルジェを雇おうと、プレイヤーの『現実行動にて、人権侵害を助長するような強力効果は存在しない』。する、というデータは知りうる限りありません。

現実世界の子供の人権侵害には全く興味も持たない人たち。
持ったとしても子どもの為ではなく自分の正義感を満足させるための人たち。
そういう人種が、先の提案広場みたいな事を『いい事言ってやった』顔で書き込む。

そんな事態にはこれまでも、これからも、NO!と言い続けますわ。
『青少年への性的虐待を助長するようなメディアやコンテンツの問題を社会に広く訴えていくことを目的とする』
とか
『アドボカシー(啓発)する』
とか言ってる人たち。
そういう人たちは、実在する被害者の声を、『自分たちの政治目的に利用する』ために拾い上げるんです。
手近なゲーム(この場合はドラクエX)の中で、攻撃しやすい材料を見つけてドヤ顔したいだけ(自分の正義感を満足させたい)。
ゲームの場ではあまり大っぴらにしたくない(する必要がない)と感じているから、聞かれもしなけりゃ黙ってるけど、私は性虐待のサバイバーとして断固、主張します。

運営さんも、他のプレイヤーの皆様も、こういう輩のいう事は一切聞かないでイイと思いますよ、と。

現実の子どもに対する支援をしてる団体にとって、こういう創作物内のイチャモンは足引っ張りでしかない。「創作物内での人間の子供がどうこう~」とか言ってる連中と、一緒にされては困ります。
上記の提案広場のような、
『現実世界の人権侵害と、創作物内のコンテンツを意図的に混同する主張』
は、えせ人権屋のものです。

単純に言うのは、すごく苦手なんですが(誤解されやすいから)。
実在する性虐待の被害者には「うゎ、関わりたくない」って内心でうんざりするヒトほど、「自分がいい人ぶりっこできる」ネット内での創作物叩きには、熱心ですよ。

私からの対案:『人間の青少年コンシェルジェ』がそんなに嫌いなら、自分のキャラでは使わない、フレンドとも縁を切る、チームからも抜ける。で良いじゃありませんか。あと、チャット表示一切拒否設定で、あらゆるコンシェルジェの萌え話を拒絶できますよ。

「不愉快に思う人も居るのだから自重しろ」の対義語は、「愉快に思う人も居るのだから尊重しろ」です。

不愉快を感じるのでゾーニングしたいのなら、不快を感じる側がコストを支払うべきです。愉快に感じる人たちの便利さを制限する形での『コスト支払』は、健全な社会ではありません。
と言うわけで、コンシェルジェ萌えのあまり引きこもり冒険者にならないよう、気をつけてアストルティア生活を楽しみましょうねっ☆(無理やり明るく締めてみました)
なお、この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス
クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。ライセンス条項を守れば、自由に転載・引用・改変可能です。

かなまら祭りとダビデ像の話はしません。

本日はこういうニュースがありました。

自称芸術家「ろくでなし子」逮捕 女性器の3Dデータ配布の疑い:J-CASTニュース
http://t.co/dDfeXdV65h(短縮URL)

J-CASTの嫌なところ:わざとらしく悪意のこもった誘導をするところ。自称以外の方法で芸術家が芸術家になれるのかしら?

ろくでなし子逮捕 http://togetter.com/li/692728

先のTogetter内、金田淳子@7/27雲田まんがの話をしよう @kaneda_junkoさんのご意見は首肯することしきり。
女性への性的抑圧や、芸術性云々の話はしないことにいたしましょう。警察という公の権力が、限定的に配布した3Dデータを刑法175条(わいせつ物頒布等の罪)に問うたらしい、という点をもって、論じます。

まずは刑法175条 – ニコ百 http://dic.nicovideo.jp/id/4801508 #nicopedia が手っ取り早くまとまっておりますのでご紹介。
さて、メールで支援者に配布したのは、『徒に性欲を興奮又は刺激せしめ且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し善良な性的道義観念に反する』3Dデータなんでしょうか。

医療用ならいい、信仰の対象ならいい…って声も挙がりそうだけど、それ恣意的運用って言うのではないでしょうか。

警視庁: 芸術家・ろくでなし子氏(五十嵐恵容疑者)の即時釈放 https://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E8%AD%A6%E8%A6%96%E5%BA%81-%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%AE%B6-%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%97%E5%AD%90%E6%B0%8F-%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%B5%90%E6%81%B5%E5%AE%B9%E7%96%91%E8%80%85-%E3%81%AE%E5%8D%B3%E6%99%82%E9%87%88%E6%94%BE-2

さんから
に、表現規制反対の立場から、賛同しました。

ろくでなし子氏の作品は『徒に性欲を興奮又は刺激せしめ且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し善良な性的道義観念に反する』3Dデータとは言いえない。
不当な逮捕には、表現規制反対の立場から、強く反対します。

わたくしにとっては、ろくでなし子氏の作品は『変なモノで変なデフォルメだなぁ』という認識でした。
「好きだから擁護する」ではありません。
「嫌いだから攻撃する」ではありません。
「好きでも、嫌いでも、無関心でも、表現への公権力介入には反対する。それが民主主義」です。

ヴォルテールの名言と伝えられる(正確には違うらしいです)言葉のとおり。

「私はあなたの意見には反対だが、それを主張する権利は命をかけて守る。」

「好きでも、嫌いでも、無関心でも、表現への不当な公権力介入には反対する。それが民主主義」
です。
不当=日本人全員、1億数千万人に無記名アンケート取って、一人でも不当って答えたら不当だからねっ!と判定します。たとえ回答者が認知症患者でも。
人権とはそういうレベルで保障すべき重大事。

表現の自由は、基本的人権。
「たとえ認知症だろうと、他の障害を持っていようと、抑圧することまかりならぬ。また、その内容を公権力が審査したり、基準を定めることもならぬ。ならぬものは、ならぬのです」
と断言できる、数少ない基礎理念です。

だから、私はかなまら祭りの話も、ダビデ像の話もしません。
誰かが、あるいは特定の文化背景を持つ集団が。
「これは受け入れられる、これは受け入れられない」
と『基準を決める』こと。それ自体を良しとしないからです。
基準を決めたら、『基準違反を攻撃する』ことにつながるからです。

現代美術史かじった程度(大学の一般教養+専門コースの一期だけ)のわたくしですら、「何が芸術か」なんて容易に回答できない、してはいけないと解ります。
だからこそ、ダビデ像の話はしません。

先の署名活動に、ただ一つだけ難を申せば、
「芸術家を逮捕するなど今どき中国のような独裁国家や宗教国家でしか行なわれないようなことが自由と人権を憲法に掲げる我が国で起こってしまったことに驚かざるを得ません。」
という文言です。
自国の非を糾すために、近隣国を蔑む必要はありません。人権のために活動しながら、他国は貶めてよいと考えているなら、それは人権に対する無神経さを露呈していますね。

警視庁生安課としては3Dプリンター規制したいのと、ネット規制したいのと、表現活動規制したいところに、この方の作品と活動はもってこいだったのでしょう。4月の新任担当ががんばって、犠牲の山羊を探した結果でしょう。

だがそれ故にこそ、許される行いでは無いんですよ。

北原みのりとかいう、凄絶なブーメラン言論を展開している表現規制派の人が、ろくでなし子氏を擁護に走っていようとも。
そんなことは、微塵も関係ありません。
ただ「不当な逮捕は、誰が相手であってもやってはいけない」と主張するだけです。
それ以外に、やって良いことも、言ってよいことも、無い。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 記事 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。条件守って、転載・配布を行ってください。