紲星あかりの『Good Morning☆』に絵を提供しました

あかりモーニングスター タイトル画像
ごーん☆
ごーん☆
ごーん☆

それは早課を告げる鐘の音……ではない!アカリ=チャンがモーニングスターで後頭部を粉砕する音だ!
「オハヨウ」
それはこの国では
「ナムサン」
を意味する。

ボカロドンでお世話になってるKAIさんが、結月ゆかりの『サヨナラチェーンソー』オマージュでやりたいナァ、とおっしゃってたので。4枚ほど製作しました。

ニコニコ動画

ピアプロに4枚全部公開中です。お使いになりたい方は、ピアプロ規約の範囲内でどうぞ。

3日の子ネコさん

本日の子ネコ、ローガンさん
内壁段ボールを超えて、ケージから脱走しました。本格的な逃走前に、キャリーケース内でバスタオルをもふもふしていた現場を発見され、大規模脱走には至りませんでした。

現在、ワンタッチテント( amzn.asia/d/cNdVoOC )内にトイレ、水、ご飯

このテント、本当はヒトが屋内越冬する用ですが……。とにかくこれでもう脱走の心配が無いことを祈ります。

第四猫の名は

いただいた候補名をメモ用紙に書く。

Black kitten
そのメモ用紙を床に円形になるように置く。
子猫を円の中央におろし、歩いた紙を採用。

という『猫の一存』で名前決定を図りました。

『ルドルフ』と『ローガン』を踏み、『コナン』を踏んだかも知れない。最終的に『ローガン』と判定されました。

この『猫の一存』判定より、黒い子ネコ氏の名前は
『ローガン=ルドルフ=コナン(かも知れない)(Logan Rudolf Conan the possibly)』
となり、一般に呼ぶときは『ローガン(Logan)』と呼称することに決定いたしました。

以上、ご報告申し上げます。 続きを読む

黒い子猫のビデオ

昨日保護した黒い子ネコ(雄)が、3.8cm幅の柵をすり抜けて脱走していたビデオ。

猫ご飯の用意をしていたら、やたらと大きな声で鳴く。
キッチンから出て見ると、大脱走したこの子がクッション(猫用)踏みしめ、叫んでいました。人の顔見るなり、段ボールの影に隠れたのを撮影です。頭部をなんとか通して液状化したとしか思えない……。

動揺のあまり、「こうなったら書斎をこの猫に使ってもらって、他猫と隔離するか」などと考えてしまいました。実際には、ケージの内壁工事(子猫がすり抜けられる間だけもってくれればいい段ボール囲い)を行いました。

続きを読む

『反恋愛工学』コンピBOOTH頒布のお知らせ

ピクシブのcaferainbirdさんにてデータ頒布開始されました。

タイトル 『反恋愛工学』
お値段 700円~(お気持ち上乗せOK)

8/8 収録作品情報を追加しました!

上記にて、ボカロ丼公式コンピ(冬コンピと一周年記念春コンピ)CDが委託されます。また2018年公認コンピの一つ、恋愛未満コンピ『反恋愛工学』も出展予定。マスタリング担当は、『深海コンピ』も担当してらしたはなぽさんです!

クロスフェード動画はこちらからどうぞ!

クロスフェード音源はこちらからどうぞ。
https://soundcloud.com/user-258537514/anti-romance-engineeringcompilatio

Cafe Rainbird のサークル情報は、コミケのデジタルカタログでチェックしてくださいね!ボカロ丼の他のCDも委託予定ですから、まとめ買いのチャンスですよ!
https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/13913062

続きを読む

『文化の盗用』論はジェノサイドではないのか

『文化の収奪』あるいは『文化の盗用』を言い立てる者、ともいう。彼らは『ナニナニは文化の収奪/盗用である』と言いたてはするが、
「ならばどのような用いられ方であれば収奪ではない、盗用ではない『よい利用』のか?」
という問いには明確に答えず、「自分は当事者性を有さないから判断できない」とまで言い出すのだ。これを卑怯と言わずして何であろう。
判断できないのであれば、そもそも収奪/盗用にすら口を出す正当性もないのではないか。

被征服民族、被差別側の歴史への丁寧な取り扱いは必要である。だが、当事者性を有さない、征服民族のがわ、差別側と同じ属性の人々による『文化の利用』はすぐさま『収奪』『盗用』と非難されるべきなのだろうか。
有償であれ無償であれ、クリエイターも人間だ。面倒臭いもの(文化のアイコン)は、『覚悟を決めて向き合い、丁寧な取り扱いをしていると主張する』か、『そもそも取り扱わない』かと言われれば、後者を選択するほうが楽である。

面倒ごとにかかずりあうくらいなら、「ナニナニ民族の文化アイコンは、取扱い注意」でそもそも関わらない。ナニナニ民族の文化とやらは、博物館の片隅と、当事者グループおよび周辺の好事家、ごく限られた勉強家によるクリエイター利用にとどまることになるだろう。

『どのような利用であれば収奪にあらず、盗用にあらず』
を示さずに、文化の利用を制限しようとする人々は、ご自分が少数者の文化ジェノサイドに加担している可能性を検討していただきだいものである。 続きを読む

『深海コンピ』こと『DEEPEST TUNES』が公開!

こちらのアートワークを有償依頼いただき、描きました!Deepest Tunesアートワーク

ボカロ丼発コンピ企画、『深海』がテーマです。DL頒布(0円)、13曲入り。

ヨミチヒロウミユリが目印です! BOOTH:https://natsukaze.booth.pm/items/862174 bandcamp:https://electrosurf.bandcamp.com/album/deepest-tunes
クロスフェードはこちらからどうぞ。
マストドンのVOCALOIDをテーマとしたインスタンス、
Vocalodon(https://vocalodon.net)は常時、色々な企画が動いておりまして。ええ、次は『恋愛未満』コンピに参加しておりますので、詳細はまた後日お知らせいたします。

有償依頼のプロセス紹介

Deepest Tunesアートワーク有償依頼を受ける際は、絵をつける対象(作品)がどれだけできあがっているか?をまず確認しています。

小説の口絵が、木版画で描かれていた時代には、「小説を読み込み、作品世界を理解したうえで、画家の雅趣を盛り込んだうえで、なお、読者に小説世界へのいざないとなるべき象徴的なシーンや、印象ぶかいモチーフを描く」のが優れた口絵画家とされておりました。

私もそういうタイプなので、「おまかせで」「まず絵を何か」という依頼では手の出しようがありません。

ボカロ/UTAU系イラストの場合、もう一点気を付けるべきは『有償頒布の場合、商用利用と見做される』や『非商用であっても、有償頒布ならキャラクター利用申請等が必要になる』こと。
この処理が面倒なので、「描かないで済むものなら、できるだけキャラクターは出さない」絵を提供することが多いです。今回のアートワーク作業中も、
「私がカワイイ美少女とか、描くわけがないでしょう!」
とトゥートしていたのは、こういう事情があったため。
(注:もちろん権利処理をしっかり行い、かつ私の『どの画風』で描いて欲しいかまで考えてらっしゃる依頼主さんがいれば、キャラ絵も描きます)

次が価格交渉と支払い確認。時給800円のパートタイム仕事を8時間したほうがマシなお値段であれば、休日削って絵を描く理由にはなりません。
支払方法は、Amazonギフト券(eメールタイプ)でお送りください、で両社合意。
というお話をしたのち、次のように進みました。

まず、別の記事でだしたような『何を描くつもりかがわかる程度にざっくりしたアイディア』を3つほど提示。サイズと解像度は提出と同じ(今回はbandcamp用の1400x1400、300dpi)。
自分で考える『よい点』と『わるい点』を添えて。これで1日。

これで依頼主に出して、採用となったアイディアに、細かく筆を入れてゆきます。主な作業は1日、修正にもう1日。

依頼主に出して、OKがでたら、ロゴ入れとタイトル入れを行い、提出。今回は修正なく一発OKだったので、これにて納品完了。

という風に、話が進んだのでした。