一冊からOKのオンデマンド印刷

株式会社レッドトレインのやっているサービス、『ワンブックス』
http://www.red-train.co.jp/onebooks

お値段設定がとても良心的。
・基本料金内でできることが多い
・文庫本を作って出せと言わんばかりのオビ&カバー、基本用紙のオプション
オンデマンド印刷も最近は(1990年代に比較して)質が向上していると聞きます。心が揺れることでございます。

『ワンブックス』の入稿はPDFかPSDファイルで行います。
LibreOfficeで組版して、Cube PDFでPDFにしたらいい。あるいは、ウェブでも使える文庫本作成データ生成ツール・威沙( tokimi.sylphid.jp )とか。

追記:LibreOfficeでルビ振った縦書き小説は、今のところ無理!っぽいので、生成ツール『威沙』を使用しました。

威沙でのテスト版出力『春色雑音』PDF
http://firestorage.jp/download/01909ecde8db87bf93d2b74245…
ダウンロードパスワード gi9iycww

そして、世の中には面白い情報が転がっているわけですよ。

文庫本各社の文字組まとめ
http://libsy.jugem.jp/?eid=53

なんてサービスのお蔭で、『創元推理文庫っぽい組版』なども考えようと思えばできますし。

有志で本文・目次・奥付テンプレートを公開している人もいます。

楽描堂
http://nameless.2box.jp/rakugakidou/bunkonado.html

いやあ……夢が広がりますね。まずは自分用に一丁作ってみたいものです。

噂のInkarnateで地図を作ってみました

試作マップ

国の名前はジェネレーター使って適当にでっち上げ、都市名は同じジェネレーターででてきた名前の語尾だけを編集して作りました。(ミドリ側はRY、オレンジ側はOLK)
中央にイベント用っぽく白い島を作ったり、湾を挟んで見張り塔を作ってみたり。夢が広がりますね。

Inkarnateは、メールアドレスのみで登録できるサービスです。

縛り条件:プリセット以外は使わない(画像読み込みができるけど)

プリセットの色と塗りで割と『それっぽく』はできます。
リアルな海岸線は、自然物の輪郭を考えながら、あるいはトレースすれば楽勝です。スコップツールの追加モードと削除モード、ペン先の大きさを細かく使い分けて作りました。

評価できる点:樹木・丘・山岳などの塗りブラシは筆圧関知できました。
配置オブジェクトや区切り線のシャドウ・縁取り加工も標準装備です。

続きを読む

電子書籍『クリスマス短編2016』無料DLで公開中

ちょっとした挿画、表紙、ツイッターでつぶやいたネタなども併せて。
『クリスマス サンタノベル2016』を電子書籍にしました。

サンノベ2016表紙_s

著作権はクリエイティブ・コモンズライセンス表示4.0国際準拠ですので、書籍内に描いてある条件を満たせば商用非商用を問わず、二次利用していただけます。

ファイアストレージに期限なしアップしてます。端末がKoboとか他のAndroid系書籍対応なら、ePUB版を。
キンドルなら、mobi版をドキュメントに放り込むと読めます。

『クリスマス短編2016』ePUB版
http://firestorage.jp/download/fbe5c5ce891cc8aef3a5b04f0c4786978b4db38b
ダウンロードパスワード mru4czce

『クリスマス短編2016』mobi版(Kindle用)
http://firestorage.jp/download/0e6e5b8f6cf7e6917ccf021424d1b6fa3521dd98
ダウンロードパスワード 9vb00ekx

皆様よいお年を!

サンタノベル:クリスマスの『ます』

(この作品はあくまでフィクションであり、実在の人物・団体とは一切全くこれっぽっちも欠片も関係はありません。創作SNS『創作王国』の冬季イベント用小説です。また全体的に大人のボカロ界隈向けのファンタジーです)
第一話:クリスマスの『く』
第二話:クリスマスの『りす』

ますますもって、クリスマスって気分じゃなくなる」
というのが乾杯(ただしソフトドリンク)直後、デブトロンPさんの一言でした。

SNSでプチオフしませんか、の日記コメントしたのが、私こと五号飯。
便乗でコメントくれたのがスウちゃんさんこと、絵師の四暗刻さん。オフで何度かお見かけしてるメンバの一人。
そこに一緒にいいですか!ってフレンドつながりで来たのが、女装レイヤーのリッシュさん。(メンバーの中で一番可愛いよ、このひと!)

みぞれ模様の空はどんよりでも、カラオケ屋のパーティールームは暖房ガンガンなんであちゅいくらいです。お昼のゆったりメニューの唐揚げ3種類とチヂミとポテト、スパゲッティに枝豆…って完全にビールが欲しいけど、

「水、ピッチャーでください」
「ワタシウーロン茶」
「クリームソーダ♪」

デブトロンさん、四暗刻さん、リッシュさんの順で、この流れ。
ここで空気も読まずに「ナマチュウ」とか言えませんでした。アイスティーのレモンで妥協したよ、妥協。

サイドメニューにサンドイッチとか、生ハムとマスカルポーネチーズのサラダとか、BLTっつーて頼んだら『ぶぶ漬けレタス卵とじ』が来たりとか、ぎゃあぎゃあ笑ったり。

「注文したからには、責任もって頑張って食べます!」

とデブトロンさんがBLT一気(ほとんど飲んでた)したりとか。
飲み物がもうひとまわりして、カラオケ屋なのに殆ど歌わずに色々話ししたり、四暗刻さんのタブレットで新作イラスト見せてもらったりしてたら、話の流れは「デブトロンさん、元カレにひでぇ目にあわされてた」件になる訳で。
家賃とか色々折半するはずのお金を入れてない件とか、まぁ色々……済みませんあの、歯に衣着せてあげて!聞いてて辛い!ってなりながらも聞き終えたころ。
もう一度、溜息と一緒にでてきたのがさっきのセリフ。
すかさず相槌を打つわたし。

「ですよねえー。いっそクリスマスは中止になりました曲でも作りませんか」

流石に『お別れシーンの現場に居合わせました』とは言いません。

「いいっすね!」
「クリスマスなんて無かったのよーらららららんって」
スウちゃんさんがぐっ!と親指立てた横で、妙に節をつけて鼻歌になるリッシュさん。

よし、ここはもう一押し!

「あれっ、ここにいるメンツでもうコラボできちゃいません?」
「リッちゃんは画像加工と動画もできるん~♪」

ナイスアシストですリッシュさん!

横で四暗刻さんがテレた笑いをしてるけど、いいじゃないですか。同人誌作るの手伝ってくれる彼氏さん(モデル可)は貴重品ですぜ。
水のピッチャーが空っぽになって、デブトロンさんが「ふーむ」と鼻から息を吐いた。

「……実は私、あるクリスマス有名曲が苦手でして。今年はアニソンカバーでもと思ってましたが。せっかくメンツが居るのなら、クリスマスぶち壊しソングのほうが、意欲をもって取り組めると思います」

にっ、という笑いがちょっと悪い顔でした。

「あのー、苦手曲ってどんななんですか?」
年代的に知ってるかな、と不安げに挙手したリッシュさんに一つ頷くと、デブトロンさんは

「知ってると思いますよ。これです」

とリモコンから曲をいれた。
それは有名で、山下ナントカと同レベルの、Gコードで始まる歌。プレゼントに椅子を買って帰ったら、彼女は家を出てしまってましたーというあれですよあれ。

「知ってる、超知ってる!」

そこからの話は速かった。
「勘違いプレゼントより先にさあ、恋人にしてやったり、聞いておくべきことがあるじゃない?」
「うん、うん!」
「私としてはプレゼントより先に払うべき金を払え、と言いたいですね」
「デブトロンさんが言うと重みがある……」
四暗刻さんが苦笑いして沈黙が落ちた時。
ふと思ったので、
「歌詞のノリとしては、”Bills, Bills, Bills”みたいな感じです?」
質問というつもりはないけど、歌詞職人として言ってみたら。

「ビルズビルズビルズ」

オウム返しに唱える3名は、洋楽には疎かったようです……。

Destiny’s Child の歌詞和訳してるサイトを検索して、ついでにYouTubeも見せたら、デブトロンさんはきゅ、と片方の眉を上げた。
「ロックでいきましょう」
そして、にっ、と悪い顔で笑いました。

【デブトロンP】クリスマスって気分じゃない【KAITO V3&CYBER SONGMAN】
作詞:五号飯
作曲&編曲:デブトロン
イラスト:四暗刻
動画編集:リッシュ

12月19日にすべり込みで公開した動画は、
「1000再生でもいけば御の字です」
というデブトロンPの謙虚な予想をはるかに超えて伸びました。

リッシュさんと四暗刻さんは、冬コミ準備の宣伝に混ぜて色々ささやいてくれました。
五号飯は、マイリス数が900越えてきた頃に再度広告ぶっこみました(匿名で)。

12月21日、夕刻。
印刷所にデータを送り終えた同人作家(商業の方はこれから手を付ける)四暗刻こと、スウちゃんは、画面を横切るコメントの数々にゲラゲラ笑っております。
あぐらをかいてるその膝に、胸(パッドいり)を載せて、ネコミミ装備の男の娘がゴロゴロしております。
「クリスマス中止を願う人がいっぱいいるんだねぇ♪」
「リッちゃんが言うと真実味あるにゃー」
「うん。クリスマスだからって、家族と顔を合わせるの嫌だし」
「あー……おかあさまはね、まだリッちゃんの事認めてないっぽいねー」
「家族はスウちゃんがいればいいの!」
「ありがとにゃー」

可愛いこと言ってくれるじゃなーい!と、ネコミミ以外の部分をわしゃわしゃーに撫でまくってあげました。

12月31日、22時30分。
除夜の鐘に混じって響く、おなじみスマホの効果音。
フレンドさん、それもオフ会で面識のあるフレンドさんが、SNS日記を投稿したのです。
画面を見ると、

【件名:デブトロンPさんが日記を投稿しました】
『クリスマス中止曲が一万再生を越えましたw(本文はリンク先をクリックしてください)』

ふふふ。
あの「ニヤリ」とした悪い笑顔で書いてるんだろーな、デブトロンさん。
だからコメント。

「一万再生おめでとうございますーーーー!
初詣にはぜひ、十万再生を祈念しましょうっ」

そしてご一緒に甘酒でも飲みませんかッッ。

とか、打ち込みたくなって思いとどまりましました!
相互フレンドしていただいたプチオフの夜に、過去日記を全部読み漁って知ってます。デブトロンさんが20代の頃に乳がんで両胸切除ってて超平面なこととか。お酒だめだけど甘いもの好きだから、ダイエット兼用で趣味が30キロ走なこととか。『トランスフォーマー』の大ファンで、本当はデストロンPにしたかったけど、初投稿のとき「畏れ多い!」ととっさにデブトロンPって打ち込んじゃったこととか。
ああああ。そういう話をサラッと書いちゃう所がすっごい好きです。
自分が確実にキモイ。

参考資料:GLEE – Bills, Bills, Bills (Full Performance) (Official Music Vide) HD
https://www.youtube.com/watch?v=gqVw-XpV5WM

Bills Bills Bills /Destiny’s Child 和訳
http://blogs.yahoo.co.jp/hmr_entertainment/10866173.html

(この作品はあくまでフィクションであり、実在の人物・団体とは一切全くこれっぽっちも欠片も関係はありません。次は『クリスマスの『マス』』を掲載予定です。)

この作品は、クリエイティブ・コモンズライセンス-表示4.0にて、著作権を事前に開放してあります。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

サンタノベル:クリスマスの『りす』

(この作品はあくまでフィクションであり、実在の人物・団体とは一切全くこれっぽっちも欠片も関係はありません。創作SNS『創作王国』の冬季イベント用小説です。また全体的に大人のボカロ界隈向けのファンタジーです)
前編:クリスマスの『ク』はこちら

リストカットより気持ちイイこと、しよ!」
が、リッちゃんのお誘い。ワタシは手元の液タブを見て、残りコマ数を計算して、(リッちゃんはオミトオシだねー)と感心しながら『作業を保存』した。
「いーよ、このくらいなら。後で作業再開するけど」
暗くなっていくノーパソを閉じて、くるりと向きなおる。回転座椅子って便利。と同時に、リッちゃんが

「スウちゃんお散歩しよ!お・さん・ぽー♪」
「おぅふ!」

ワタシの腹に頭突きってくる勢いで抱きついてきて、ぐりぐりしてきたんで、こっちも報復に、癖のない髪の毛をぐしゃぐしゃにしてやりました。

時刻は夜21時過ぎ、ちょっと夜食買いにコンビニへ行くにはよい時間で、リッちゃんのお散歩大好きを手伝うのも良い気分転換。押入れを改造したワードローブのアコーディオンカーテンをあけて、

「今日は冷えるから、これ着なよ」

と選んだのは、フェイクファーの縁取りと毛玉のついたケープ付コート。布の色は紺で、ファーが黒。

「わーい♪ボンボン可愛いねえ」
「何合わせようかなー、リッちゃん甘ロリ系似合うよねー」
「ゴスも好きなのよ?」

とは言いながら、モヘアの灰色セーターに、白のプリーツスカート、防寒用に厚手タイツ……と選んだあと、ネイルは水色を塗ってあげる。きれいな形の爪を塗りながら、

「頭はツインテ?」

確認すると、

「ん。冬ミクちゃんがいい!」

って返事。
リッちゃんの衣装コレクションは、大概のボカロコスプレをカバーしております。
ダミーヘッドが一杯並んでるのをワタシがこっそり、『なまくび☆コレクション』と呼んでる、ワードローブの一角。
初音ミク用のは緑系と水色系とグラデのやつで3種あって、冬ミクなら水色です。

「冬ミクコーデってなら、アクセも雪モチーフかにゃー」

ネイルが乾くまで、リッちゃんは指を揃えてじっと、お行儀よく座って待っている。色白で、ほっそりしてて、目も(アイプチが無くっても!)パチッとクリッとしてて、本当にお人形さんみたいに可愛いのです。
コスプレ写真集にちゃんと『男の娘』って表示しててもファンがつくからにゃー。理由はただただ、この可愛さにあると思うのですよー。ミントの香りつきリップ(水色)を塗ってあげてる口元なんか、シワ全然ないの。ホルモン注射のおかげで、ヒゲなんてほぼ無いです。

来年さんじゅーなのに。
本名が『立志(りっし)』なんてご立派なのに。

かくいうワタシも同い年で、本名が『数子(かずこ)』というので、お察しの通りそれでスウちゃんです。

リッちゃんがプリーツスカートにリボン付きのメリー・ジェーン(26センチ)が似合う子なら、ワタシはジーンズにドクターマーチンのワークブーツでお出かけする子。
リッちゃんが冬ミクコスなら、ワタシはコートの上に蛍光色のパーカーもはおって、その頃にはネイルも乾いてお出かけ準備完了。

「待ってー、スマホ忘れたらダメ」
「ハイハイ」

万歩計つきミニゲーム。
歩数計でコインのたまる携帯ゲーム。
スマホの位置情報ゲーム。
家からでかける理由、一人でぐつぐつ煮詰まらないための理由を見つけるのが、ワタシは得意。

リストカットしないと誰か他の人をぶっ壊してしまいそうになるリッちゃんが、「トランス」って言葉を知る前に意味を調べてきたのは、エッチい同人漫画描きとして商業から声かけられてたころのワタシです。

マジで男から女に性別変更したい、ってほどじゃないけど、リッちゃんは「立志伝中の人のように」って意味でつけられた名前と、名付け親のお祖母ちゃんの期待が、自分に合ってないって知ってくるしかった。
ご両親は理解があって、でもどうしたらいいかまでは分からないまま、腫れ物に触るような感じで接してた。
リッちゃん自身、自分がどうしてほしいのか上手く説明できないから、さらに煮詰まって、とにかくリスカでぼうっとなるまで血を抜かないと本当にどうにかなりそうだったので。

夜の公園、(失血で)ふらふらしてた成績中ぐらいの(ただし特進科)『立志』と、スパコミ用の原稿の息抜きにきた商業科(独立後を見越して、会計知識が欲しかったのだ)の『数子』が、

「死ぬ気なら縦に切りなよね」

で出会ったのでした。

女装とかコスプレとかを皮切りに、ワタシは色々教えました。
百合はいいものだ。
男の娘可愛いよ。

「スウちゃんは、どっちのが好み?」
「リッちゃんがエロ可愛いほう!」

この名前で呼び合うようになって、いわゆる通常の男女カップルとはチト違う方向に工夫しながら、オツキアイも深まって参りまして。

「リッちゃんエロい事もしてみ?これ、テンガって言うんだ。こっちのはアネロス」
「魔女とその相棒みたいな紹介だねえー」

に始まって、コスプレ写真集(男の娘)はイベントごとに完売するようになり。私も商業デビュー後、リッちゃんモデルにしながら描いてたら、最近は男の娘エロでアンソロとかお声をいただくようになり。
今はこーやって二人して夜のお散歩。リストカットより気持ちいい、コスプレしてのお出かけ。たまに誰かの役に立つこともある、お散歩。

平和って、いいなぁー。
コンビニで肉まん買ってこーかなー。

とかシミジミしてると、リッちゃんが裏声でハミングしてた、夏の海がどうとかってボカロ歌が、ミュートになってた。

「ん?どしたん」
「あのヒトみて。目線が変じゃない」
「んー……ああ」

中古自動車屋のライトまぶしい展示場の隣が、ワタシたちの目的地、アナタの隣~♪のコンビニ。
今日は風ないけど、足元から冷えびえする夜だってのに。光の輪の外、お買い得ワゴン車の影からコンビニ内を見つめる男性が一人。お安いライトダウンの上着と、裏起毛系のズボンにワークブーツ。腕にかけた黄色いビニール袋の中身は6パックの缶ビールぽい。
暖房効いた店のなかにいけばいいのに、そうしないってか。
コンビニの中はと見れば、学生服の女の子が三人、パン物色中。前に停めた自転車はこの子たちのっぽい。お惣菜の棚に屈むようにしてラベル見てるのが、杖ついた爺さん(自治会で顔を見た覚えがあるから、ご近所さんだ)。後は……、飲み物コーナーの前で、カートに屈みこんだ店員と、横で何か言ってる、リュック片手に提げたパンツスーツ姿の若い女性。

最初の「んー……」で見てとったのがここまで。

それで、「ああ」と納得がいったのは、店員がちらっとこちらを見て、立ち上がったときだ。屋外で暗い場所なんだから、店の中から見えるはずのない位置の男が、急いで身を縮めたんだ。

リッちゃんがワタシの肩をつついた。
(あのひと、やましい意図がありますね?)
スマホの動画アプリ起動しながらワタシもうなずいた。
(あるんだろうね、きっとね)
ひそひそ声で、

「スウちゃんここ待機でいい?」
「うん。お店で通報たのんでね」

短いやり取りのあと、このままいくと男を背後から追い越しちゃうから、ワタシは一度まわれ右して、大通りにでる角をいっこ先へ。白アリ駆除会社の角を曲がって通りに出ると、コンビニに向かう。ハッキリ見えないけど、中古車屋がわには動きなし。
店に入ると、きりっとした顔立ちの女の人が、2リットル入りの水ペットボトルを片手で持ってレジカウンターにたどり着いた所だった。ワタシの蛍光緑色パーカーにちょっとびっくりしたように眉をあげたけど、すぐ店員に向き直る。

「駅前交番の番号は分かりますね。『地域見守り店舗』なんですから。だから言っているでしょう、あそこの中古車屋の影に男がいるって」

およよ、もう対処中?なら安心かな。
ってなりしかけたけど、店員さんは、

「ですがね、誤報だったら、その、アレですよ、うちの方としましては。……そのぅ、お客様の言う」

とか歯切れが悪い。これは誤魔化しにかかってるな。リュックを肩に引っ掛けた女の人の脇に立つと、ワタシは財布を出す振りしながら、言った。

「その男の人、見たから来たんです。不審者ですので、通報してください。一緒に説明しますから」
「えっ」
「えっ」

最初の「えっ」が店員さんの驚きなら、次の「えっ」は女の人の驚き声。誰かが助けてくれるなんて思って無かったのに、って感じの。
私の助け舟があったから、店員さんはすぐバインダーを引っ張り出して、駅前交番に不審者通報してくれた。その間、女性は会計済ませて、イートインコーナーでペットボトルをあけてる。ワタシは肉まんを買いながら「どうするのかな」って横目で見てたら、そのまま片手で口をつけて飲み始めた。
くり返します。
2リットルのペットボトルです。
2リットルの水は重さ2kgあります。
ワタシがあったかい袋提げてイートインに座ると、女性はボトルに蓋を締めなおして、

「ありがとうございます」

と頭を下げてきた。2kgが1.5kgくらいに減ってます。

「もうすぐオマワリさんくると思うんで、安心してください」
「地域防犯の方がいらして丁度良かった。助かりました」

お互いににっこり。

そう。
ワタシのパーカーは、自治会名と、『地域見守りパトロール』の白抜きネーム入り!
スマホの位置情報ゲームが始まった頃、夜間の不定期外出を変に思われないようにしたいな、じゃあ地域貢献ダネ!と、自治会で参加表明してもらったものだ。学校の登下校時間帯には立たない代わりに、夜間見回り兼お散歩を週4日。
リッちゃんは保育園と小学校、商店街の地域イベントでプリキュアー☆とかミクちゃーん☆とか常連だから、お散歩中のコスプレにどうこう言う人は居ない。男の娘だっていうのも、とやかく言ってくるような奴はワタシが黙らした。自治会の会計担当なめんな。会費滞納世帯は把握してんだ。
お姉さんがスーツの胸元から(あ、かなり平面)ケースを取り出し、そして

「今、仕事用名刺を切らしてて……、趣味用のしかないんですが」

とちょっと困った愛想笑いになった。
こういう時、何となくわかっちゃうのは『オタクの勘』という奴だかなんだか。

「あー、どんなんでもいいですよー。私のコミケ用名刺なんて、一般の方はちょっとひいちゃうし」

フリル付きドレスの美少女が、股間からにょっきりで汁だくでR18な絵デス。モデルは今、中古車屋の駐車場から2メートル離れた電柱の影で、不審者を見張ってます。

アハハハー、っという笑いは両方があげた。
ブルータスお前もか、的な。

「実は私、ボカロPやっておりまして。そっちのしか今は……」
「え、本当ですか!私も、趣味で、ボカロ絵を支部にあげたりしてるんですよー」

社交辞令抜きで声が上ずっちゃった。

支部ってのは、ピクシブの略語で、あらお姉さんちゃんと通じてるのね。

ご同類デスね。
そういうやり取りをしていたら、窓の外に動きがあった。自転車を停めて、交番からきたお巡りさんが軽く敬礼してくる。
会釈を返してたら、オマワリさんがさっと背中を向けて駆けてった。
分厚い窓があるので音声無し。ただ、映画ポスターごしに見える闇の中に、水色のツインテールが動いた気がして、

「お姉さん、ちょっと待っててください」

ワタシが腰を浮かすと、お姉さんも立ち上がった。

「あ、いや、私も状況説明しないといけないかと」
「はい?」
「心当たりというか、顔見知りの犯行だからです」

ぱたぱた走るワタシと、タッタッタで軽く先行するお姉さんがたどり着いてみると、満面スマイルのリッちゃんが

「かくほー♪」

ってピースサインしてた。男性の腕をねじり上げた格好で。お巡りさんがこっち向いたとたん逃げようとした男を、タックルからのナントカカントカ(格闘技用語は分かりません)でつかまえたんだって。
コスプレのリッちゃん、またの名を変質者ホイホイ。好きなゲームは美少女格闘とポケモンで、本人もコマンドナントカとシロップみたいな名前の何かをやってる男の娘です。
事情説明につきそってみると、男は本日付で元彼氏になったとかで、ビニール袋には缶ビールとカナヅチ(パッケージは外してあります)が入ってて、未遂とはいえ傷害の意図があるわけで。お姉さんの発言をきいて、
「善良な市民としては言っちゃダメな発言」
をしちゃったわけで。今宵一晩お泊りの上、書類送検と相成りました。
女の人はその間、冷たい目で男性を何度か見たけど、それ以外は完全に無視。お巡りさんへの説明も、スライド資料を作ってあったんかいと思うくらい立て板に水。そして怖いくらいにKY。
3駅向こうの健康ランドまで走っていく、というジョギング強者のお姉さんが、別れ際にくれた名刺には、「ボカロ作曲・編曲・調教」とある脇に、

「デブトロンP」

と、サイトアドレスとGメールのメルアドが書いてあって、リッちゃんは軽くのけぞりました。
スウちゃんは、

「SNSでフォローしてます!フレンド申請していいですか!」

とテンション上がりました。

「いいですよ」

リュックを背負いなおすと、デブトロンさんは軽くアキレス腱のばしをしてから、夜の街路へと走り出していったのでした。

第三話:クリスマスの『ます』はこちら

(この作品はあくまでフィクションであり、実在の人物・団体とは一切全くこれっぽっちも欠片も関係はありません。次は『クリスマスの『マス』』を掲載予定です。)

この作品は、クリエイティブ・コモンズライセンス-表示4.0にて、著作権を事前に開放してあります。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

新刊『上級者向け触手BL23:山に住みたい魚の話4話』

『上級者向け触手BL23 山に住みたい魚の話5話』216円が配信開始しました。一連の流れの決着篇書いてたら時間がかかりましたが、これでひと段落です。 表紙は『ディユアンルーリン』店主、ツァオ・ナイナイさん。有翼人基準でいえばあまり美人とはいえないのですが、多くの冒険者から慕われています。 表紙画像上級者向け触手BL23

『想像の埒外』
町の子(乞食組合)やらも出てきますが、黒の暗殺者とカーウィーがこっそり接触してくる話。それとボリスが階段を踏み外す。

『何とかしたいときの話』
いわゆる足コキのエッチ。この二人だから成立するような。

『置き場所に困る』
黒の暗殺者の過去話。なんでカーウィーとつるんでるのか?の答え合わせ。クロが「お前を殺せば、少なくとも俺一人分は平和になる」って結論しなかった世界線です。

『罠を張る』
メバルに対する一連の襲撃の幕引き。戦力的には様々なメンバーが出てきます。 別の所では、『森の大鹿』が行方のわからなかった『ビアンフー信仰団』修行者を保護。『黒い神《くらきもの》』信仰団による『悲嘆と破壊の水底』所有地の襲撃が行われていたのだが、これはまた別のお話。
ハバジールについての種明かしもまた、別のお話。

『疑念と義務感』
修行時代の少年メバルと、彼を搾取した者がどうなったかのお話。リアルではないように描こうとはしましたが、書いててやっぱり、作者の古傷が痛かった。復讐は清算のためにするもので、その方法は多様です。『空飛ぶスパゲッティモンスター』様を信仰するドデカス様と、彼に率いられる教会のやり口は、ことのほか「表向きにしてある部分」と「裏向きの部分」の落差が激しいようで。
メバルが受けた虐待や搾取はこれだけではないのだけど、ひどく影を落とさなかった例もある、と言うお話。

いずれのお話も、イラストも、CC-BY4.0国際ライセンスにより、二次創作、三次創作を歓迎しています。やれると思ったらやってみると良いのです。技量の優劣はこの際気にしない方向でね。

サンタノベル:クリスマスの『く』

(この作品はあくまでフィクションであり、実在の人物・団体とは一切全くこれっぽっちも欠片も関係はありません。創作SNS『創作王国』の冬季イベント用小説です。一部に大人向けの表現があります。また全体的に大人向けのファンタジーです)
次の一編:クリスマスの『リス』はこちら
第三話:クリスマスの『ます』はこちら

る者は拒まずだが、去ってほしい者は拒むよ」
「そ、それ、そんな今言う……」
「言うね。私は確かに自分の才能を信じて励んでるけど、君はどうなんだ。バンドマンにくっつくオコゲ女かい。ボカロPがメジャーデビューしたら内助の功って座におさまろうってか」
「そんなつもりない!」
「ああ、そんなつもりで居られても迷惑だ。包丁は持てない、ゴミは出さない、四角い部屋を丸く掃く。飯が作れるぶん、炊飯器のほうが有能だね」
「けど、でも」

ああああ、ごめんなさい盗み聞きするつもりは無いですが、仕切り後ろのカップル会話が丸聞こえです。
そして私の指がついフリック入力を止められないんです。ぬるくなったラテの表面で、泡は消えてなくなりつつあります。
この流れだと、「でも愛してる」みたいな切り札にもなってない切り札がそろそろ来るかなー。

「でも、でもこんなに愛してるのに」
「残念でした。愛してるだけじゃ一緒にはいられない。」

ひぃぃ、冷たいどころか、礼儀正しく程よい丁寧さで言い放ったよ!
この女性コワイ。
そして、彼氏が元彼氏になりそうな男性が、かわいそうに思えてきた。そう、おろおろしてる側が男の人らしい。

「クリスマスプレゼントに何が欲しい?じゃないでしょ。3万円の音源をプレゼントする前に、私に払うもん払ってもらえないかな」
「……」
「本来なら折半するはずだった家賃。光熱費。食費。君の携帯電話代を払ったのは何回だったかな」
「……」
「コンビニに行くと君、いつも振込用紙は持ってくるのに財布や手持ち現金は忘れるよね」
「……」

男性側、なんかごにょごにょ言ってるようですが聞き取れません。
入力は楽だけど、こんなん彼女に言わせるかなー、て気になってきた。同情心が一瞬で消し飛んだ……。

「愛っていうなら、君より同じボカロやってる、画面向こうの人間のがもっと愛せる。君、私の創作上の悩みを聞いてくれたことある?無いよね。ストレス解消に私は30kmランするって言ってるのに、ついて来ようとしたのは最初2回だけ。何でもセックスすれば解消できると思ってない?それ面倒。私にはね。君の理想の恋愛スタイルについていけないや」

おおお。
そう言うプライベートをどこかの誰が聞いてるか分からんコンビニ横のカフェで言い放ちますかお姉さん!ここに歌詞のネタを探してカフェで夕飯としゃれこむ歌詞職人も居るというのに!
でもま、これもバレなきゃいいのさ。
恋歌の歌詞ってな結局2パターンだ。片恋の詩か、別れうた。ラブラブ幸せバカッポーなのが受ける素地が少ないご時世。誰もが誰かの不幸を蜜と味わい、自分と同じかそれ以上に不幸になりゃいいと叩きまくってる。
ん。これもちょっと打ち込んで、後で切り分けておこう。いいフレーズはストックしておかなきゃ。

いそいそフリックする親指が、後ろで「ばん!」と机をたたく音で一瞬停止。
修羅場ったら即通報できるよう、店員の位置は確認済み。いくら歌詞のネタが欲しいっても、傷害の現場に居合わせるなんざ嫌だから。スマホのカメラアプリも、起動してある。
焦った一瞬のあと、低い声で、
「ここは、俺が払うから」
って言うのと立ち上がる物音。
そして、追い打ち。
「三日ほど部屋は空けるが、その間に出て行ってくれ。私の家財に手を着けたら君を通報する。法テラスには相談済みだ。もちろん、私自身への手出しは断固お断りするよ」
「っっ……見損なうな」

わ、ちょっとこれ!
現場に居合わせた無職(27)にはなりたくないよーう!

「そう。それは良かった。過剰防衛をやってマウスが握れなくなると困るのでね」

挑発したあああ!?
もうこれ以上は何事もおきませんようにって祈ってたのに。鼻の頭に脂汗がにじんできた。クリスマス前のありがち男女のお別れシーンを、ぽちぽち実況入力(もち、自分しか見ないテキストに保存)してただけなのに!何の天罰これ?
なんでよ、マジ勘弁してよ。神様仏さまミクさまー!
天使にも祈っていたら、まだ何か言いたそうだった、私の後ろの気配は、がさごそビニール袋の荷物もって出て行った。
わお、修羅場回避おめでとう!こういう男は、口で勝てなきゃ腕ずくって感じなので、お姉さん帰り道気を付けて!
むしろ私が、お姉さんの帰る時間に合わせて席を立とうかな。ラテは冷めちゃったけど、ベーグルはまだ三分の二残ってるし、追加の単品くらい入りそうだ。そう、一緒にとはいかなくても見守る感じで。女性Pさんらしいし、そのくらい……ん。
女性ボカロPやんけ背後のテーブルむこうの人!
そのとき、通知音が自分の手の中から響いた。
SNSの新着日記書き込みがあると、メールで届くようにしてあるわけで、それはフレさん限定、もっと言えばオフで会ったことのあるフレさん限定。

【件名:デブトロンPさんが日記を投稿しました】
『彼氏と別れて家を出ました。カプセルホテル泊まり確定w(本文はリンク先をクリックしてください)』

あああ!?
デブトロンさん!
デブトロンさんだー!県内在住なのは知ってたし、駅近くにあるラーメン屋のインスタとか見てる限り、沿線同じかなーとも思ってたけど!すんげぇ近所すぎ!
うっわ振り向きたい!振り向いて
「歌詞職人の五号飯です!お久しぶりー」
と言いたい!
でもダメ、ダメだぞ五号飯。今は、確実に気まずい。ナチュラル系の、美人というより眉が真っ直ぐで顔立ちが濃い、パンツスーツの似合うお姉さんが
「どうも、デブトロンです」
と名刺差し出した、あの初オフより、もっと動転するって。
今まさにそのお別れシーンを立ち聞き、いや座り聞きってゆーの?したのがばれたらそれはそれはもう、私のハートがブレイクです。
ハートも脳もブレイク寸前。でも、指はちゃんと動いてリンク先を開いてた。
知らないネタ元のお姉さんを心配する気持ちがそのまま、デブトロンさん何とかしてあげたいな、ってなってた。
だからコメント。

「うわ、クリスマス前に大変でしたねー。
デブトロンさん、私の家と近所じゃなかったでしたっけ?
駅前のビジネスだとしょぼい&高いんじゃないかな。バスで市内に出ての健康ランドお勧めですよー。良ければ気分転換にプチオフでもしましょうか」

よっしゃコメント一番乗り!
あああ。自分が確実にキモい。
でもこれしかないじゃない。幾らなんでも。オフで会った程度の人を家に泊める気にはなれません。同性でもね、うん。
ぼそぼそのベーグルをラテで流し込んでると、後ろのブースで金属の鳴る音。アクリルキーホルダーをつけたリュックをお持ちだったなとか、覚えててすみません!印象的だったもので!

(この作品はあくまでフィクションであり、実在の人物・団体とは一切全くこれっぽっちも欠片も関係はありません。次は『クリスマスの『りす』』を掲載予定です。)

この作品は、クリエイティブ・コモンズライセンス-表示4.0にて、著作権を事前に開放してあります。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

レビュー:プレカリアート: 不平等社会が生み出す危険な階級

(本記事は、ブクログ本棚に投稿した内容のコピーです。他社サービスは何時、他社の都合で消されるか分からないので、自己保存しておきます。)

この1年ほどで、ベーシック・インカム(BI)について論じる言説を目にするようになった。一部は福祉切り捨てを目的とした妄言のたぐいだが、本書は異なると判断し、星5つとした。

その理由は4つある。

まず著者がILO(国際労働機関)のエコノミストとして、世界各地の『一時雇用、短期雇用で使い捨てされ、不安定な立場を余儀なくされている人々や、統計に表れない難民、周辺民、デニズン(プレカリアート)』の実態を調査していることにある。
大会社の社長や、エアコンの効いた部屋でパソコンにかじりつき、統計資料だけを見て論じる『論客』とは、その論の重みが違う。

続きを読む

緊急避妊薬の市販化に賛成する。理由は…

創作と直接的な関係はないけど、「創作物の内容に文句つけるより、現実に生きてるひとの人権の方が大事!」という意志表示としてこの記事を投稿します。ピルとの付き合い方(公式)@ruriko_pilltonさんというツイッターアカウントに、「中絶を殺人」と言う認識で噛みついてるひとがいるのを見て、呟いた内容から再編しました。

2016/10/20 10:24 「普段からちゃんと避妊してる人向け」の部分を付記。さかしょう@sakasyou0875さんからのご指摘から。

避妊の権利・中絶の権利がなぜ人権なのか?
それは、「産むか産まないかを国に決められること」は人権侵害だから。
今の日本の法律には堕胎罪が無いのはなぜか?
堕胎は罪にならない。それは、望まない妊娠を止めることは、ひとえに母になるひとの権利を擁護し、望まない出産につづく深刻な児童虐待のリスクを減らすことだから。
私は「緊急避妊薬の市販化に賛成します」と主張します。なお、低用量ピルに関しては違いますよ。

まず第一に。
『緊急避妊薬の市販化に反対する人』と私とでは、前提になる認識が大きく異なるようです。

続きを読む

HRN報告書の問題点

こんばんは。
表現の自由とか、実際に生きてる児童/ひとの人権に関心がある層なので、えせ団体には手厳しい切身魚です。

先日はこういうまとめ2題をご紹介しました。

で、本日は「秋葉原には児童ポルノ(児ポ)があふれてる!」って糾弾した伊藤和子弁護士を筆頭に、藤原志帆子氏(ライトハウス代表)、宮本節子氏(PAPS(ポルノ被害と聖暴力を考える会)世話人)、角田由紀子氏(APP研・弁護士)の所属するヒューマン・ライツ・ナウ(HRN)が報告書をだしました。

日本の児童ポルノをめぐる実情について調査報告書を公表。子どもたちを守るために何が求められているのか。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20160906-00061822/

問題点はいくつもありますが、主なものは2点。

1.報告書P54の提言のところに、出演者の年齢を問わず、児童と大人が性交渉をする作品や、 服装や所持品、場面設定等から児童ポルノであることを連想させる作品は、全て禁止にせよと書いています。

2.調査の際AVメーカーに、出演女優の年齢等を確認してなかった。報告書28p、⑦の”りさちゃんは 139cm 小◯生”を児童ポルノ認定してます。
ところが、
「出演している女優は大桃りさという24歳の成人AV女優です。検索すればすぐ調べられることを何でやらないで、虚偽を報告書に載せるのですか?」
という質問ツイートにガン無視(本稿執筆現時点)。

『連想させる』だけでNGって言いたかったんですよね。AVの出演強要問題を取り上げたのも、結局はAVを全部ぶっ潰したいだけで、女優や業界人全員の人権はどうでも良かったんですね……。

創作物の内容が好きか嫌いか、支持するかしないかではなく、
「どんな創作物も、現状のゾーニング以上に公費を要する規制は必要ない」
と私は考えています。
私自身はAVに殆ど需要が無いです。資料用のゲイビデオは、需要があるけど。AV自体に嫌悪もなければ賛美も無い。
だけど、こういうえせ人権団体が、正論っぽいこと言って潰しにかかるのは見過ごせませんよ。

まとめのコメント欄やこういう話題のでるとき、「過去のエロ本がどんだけ緩い入手できたか」を語る人居るんですが、過去がそうだったとしても、ですよ。
いまの世の中は違います。
コンビニのエロ本は「表紙がろくに見えないようラバーバンド拘束し、別の棚に明確に『成人向け』と区分陳列し、購入の際はレジで成人であることが確認できないと買えない」くらい入手難易度が高いのです。
(偶発的な捨て雑誌入手があるかも知れないけど)青少年が悪影響を受けると言い切れるほどは、流通してませんね。

拾ったエロ本やTubeでも撲滅されつつあるエロ動画ごときで、『悪影響』させたくないなら、性教育と、デートDV防止も含めての人権教育の拡充しかないでしょう。
というのも、私の持論です。

ボカロ界隈の人にはあまり関係ない話題かもしれませんが。
ある日突然、ニコ動がYouTube並のエロ規制を始めるとしたら、HRNなどのえせ人権団体が、国連を利用した外圧でやらかす可能性が高い。
と言う予測はお持ちあれ。
面倒くさいけど、戦わないと。
言わなかった、反論しなかった、だから正しさを認めたんだろ、っていうのがこういう人達のやり口ですから。