HRN報告書の問題点

こんばんは。
表現の自由とか、実際に生きてる児童/ひとの人権に関心がある層なので、えせ団体には手厳しい切身魚です。

先日はこういうまとめ2題をご紹介しました。

で、本日は「秋葉原には児童ポルノ(児ポ)があふれてる!」って糾弾した伊藤和子弁護士を筆頭に、藤原志帆子氏(ライトハウス代表)、宮本節子氏(PAPS(ポルノ被害と聖暴力を考える会)世話人)、角田由紀子氏(APP研・弁護士)の所属するヒューマン・ライツ・ナウ(HRN)が報告書をだしました。

日本の児童ポルノをめぐる実情について調査報告書を公表。子どもたちを守るために何が求められているのか。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20160906-00061822/

問題点はいくつもありますが、主なものは2点。

1.報告書P54の提言のところに、出演者の年齢を問わず、児童と大人が性交渉をする作品や、 服装や所持品、場面設定等から児童ポルノであることを連想させる作品は、全て禁止にせよと書いています。

2.調査の際AVメーカーに、出演女優の年齢等を確認してなかった。報告書28p、⑦の”りさちゃんは 139cm 小◯生”を児童ポルノ認定してます。
ところが、
「出演している女優は大桃りさという24歳の成人AV女優です。検索すればすぐ調べられることを何でやらないで、虚偽を報告書に載せるのですか?」
という質問ツイートにガン無視(本稿執筆現時点)。

『連想させる』だけでNGって言いたかったんですよね。AVの出演強要問題を取り上げたのも、結局はAVを全部ぶっ潰したいだけで、女優や業界人全員の人権はどうでも良かったんですね……。

創作物の内容が好きか嫌いか、支持するかしないかではなく、
「どんな創作物も、現状のゾーニング以上に公費を要する規制は必要ない」
と私は考えています。
私自身はAVに殆ど需要が無いです。資料用のゲイビデオは、需要があるけど。AV自体に嫌悪もなければ賛美も無い。
だけど、こういうえせ人権団体が、正論っぽいこと言って潰しにかかるのは見過ごせませんよ。

まとめのコメント欄やこういう話題のでるとき、「過去のエロ本がどんだけ緩い入手できたか」を語る人居るんですが、過去がそうだったとしても、ですよ。
いまの世の中は違います。
コンビニのエロ本は「表紙がろくに見えないようラバーバンド拘束し、別の棚に明確に『成人向け』と区分陳列し、購入の際はレジで成人であることが確認できないと買えない」くらい入手難易度が高いのです。
(偶発的な捨て雑誌入手があるかも知れないけど)青少年が悪影響を受けると言い切れるほどは、流通してませんね。

拾ったエロ本やTubeでも撲滅されつつあるエロ動画ごときで、『悪影響』させたくないなら、性教育と、デートDV防止も含めての人権教育の拡充しかないでしょう。
というのも、私の持論です。

ボカロ界隈の人にはあまり関係ない話題かもしれませんが。
ある日突然、ニコ動がYouTube並のエロ規制を始めるとしたら、HRNなどのえせ人権団体が、国連を利用した外圧でやらかす可能性が高い。
と言う予測はお持ちあれ。
面倒くさいけど、戦わないと。
言わなかった、反論しなかった、だから正しさを認めたんだろ、っていうのがこういう人達のやり口ですから。

ポリコレに疑問が湧いたまとめ

ポリコレ。
語感だけだと、パリコレとかミラコレみたいな感じがしますが、ファッションとは何の関係も無い単語です。ポリティカル・コレクトネス(政治的な正しさ)の略、PCとも表記されます。
私のこれまでの意見は「一応認めるけど、一部論者の過激さにひいてる」でした。
近年の事例(碧志摩メグやのうりんポスターへの攻撃)を観察するに、

「一部じゃなくて全部が間違ってるんじゃね?」

という疑問を抱いています。
そういう事例がまた追加されたようですので、まとめ2つをご紹介。

海外ゲーム業界で蔓延する、ゲーム製作者へのポリティカルコレクトネスの強要と規制の実態
http://togetter.com/li/1020273

無修正画像リプ等嫌がらせと、碧志摩メグ肯定などへの「ミラーリング」としてこれを正当化する発言についてなど。
http://togetter.com/li/1020192

注記:ミラーリングというのは造語らしく、「鏡のように」「やられたことをやり返しているだけ」という意味っぽいです。詳しい定義とか尋ねたくないです。

「見方によっては女性に対して偏見があるように見えるが、あくまで合法なものを頒布する」のと、「最初から法律違反のシロモノを悪意を持って特定個人に送りつける」のでは、重みが違うってコメントがありましたが。
本当にその通りだと思います。

実在する人物を、そのヒトの同意を得ずに性的なコンテンツに使ってた。しかも最初から相手の感情を害する目的で。って、それは名誉棄損ですよ。

BL字書きとしては、頼むからお前のやってることは「私怨」だ、創作活動とか表現の自由とか「言ってやった言ってやった」的な発言やめて。
と思いますね。
こういう反論を女性作家から言われても、「フェミニスト(自称)にとって都合の悪いことを言う女性は皆、敵だ」って思いを深めるだけでしょうけど。

アナ雪にまで、「自分の我儘にポリコレの袋をかぶせて殴る」人が居るとか。人間としては、アレと同種同族だとは思われたくない気持ちでいっぱいです。

あ、『上級者向け触手BL22 山に住みたい魚の話5話』108円はアマゾンで配信中ですので、平和なラブ話をお読みになりたい方(平和なヨグ=ソトース信仰まででてきますので、ご自分の信仰箇条に照らして問題ない方)はどうぞ。アンリミテッドなら定額読み放題ですよ!

配信開始『上級者向け触手BL22』

本日、『上級者向け触手BL22 山に住みたい魚の話5話』108円を配信開始しました。クトゥルー信仰のみならず、ヨグ=ソトース信仰まででてきますので、本書を読まれる方はご自身の信仰箇条に照らして問題がないならお読みください。

上級者向け触手BL22カバー14巻からこっち、ほぼTS(性別転換あり、の意)話ですね。
今回に至っては、唯一のエロあり話が異性エッチじゃねーか嘘つき!って呼ばれるような内容です。
これを書くために、マリオン・ジマー・ブラッドリーのダーコーヴァ年代記シリーズ『惑星壊滅サービス』を何度も読み返しました。実際にはおおきく違う内容ですが、面白かったし刺激になりましたね!

『手のひらを握る』
記憶を取り戻したボリスと、恰好いいこと言うメバルのお話。そして、心を許すがゆえに揺り戻されるPTSDのお話です。ボリスがいいやつで良かった。

『教会騎士の帰還』
イケメン修道士、メバルの味方につきつつもドデカス様への忠誠は捨てきれず。この後どうなったかは、まだ別のお話です。それにナナノナナエニヒトツカケ様も、絶対的な味方にはなりえません。彼は彼で、出来ることが多すぎる分、ひとつルールを破ったら次から次へと掟破りをしそうになる自分を知ってるからです。それに、掟破りをし過ぎる結果も。

『ヨアクルンヴァルの大あくび』
タイトルはのんきに、内容は介護疲れで家族崩壊寸前。現実世界の日本は、ただでさえ低い介護報酬を削るよう財務省が要求し、厚生労働省はそれを受け入れ、今後もっと福祉給付を削る予定です。他人ごとじゃないのよ。
とはいえこれは創作なので、お金持った僧侶が手助けを申し出るし、話をこじらさずに説得してくれそうな伝手が見つかります。とても運よく。重くなりそうな話をさらに手詰まりで終わらせるのは、書く側としても好みじゃないし、読みたくないお話ですからね。

『片付け済ませてから』

続きを読む

『くりえいと!C90』キンドル版

CreateC90 表紙画像今年の夏コミは、日曜東ペ-22a Tin Lionさんのforthにて、電子書籍版『くりえいと!C90』を委託させていただくことになりました。

Amazon Kindleストアにて販売中です。Kindle本体をお持ちでない方も、Kindleリーダーアプリ(無料)でスマホでもパソコンでもお読みいただけます。Kindle読み放題サービス(Kindle Unlimited)ご利用の方は、定額範囲内でお読みいただけます。

販売価格(日本アマゾンで108円、海外アマゾン2.99USD準拠価格)でご入手いただけます。この機会にどうぞ、ご自身の考えを深めてください。

あわせて読みたい切身魚の本:くりえいと!C88用電子書籍 ¥105
改定に反対!児童ポルノ禁止法 ¥200

イラスト担当曲が公開されました

久しぶりにイラストで協力しました。mash01さん(おっホイP)の新曲です。EDM風なハードな曲『FANG ON』です!

最後のリフレインでの転調部分まで、じっくりお聴きください。

ぱっつんぱっつんでナイスバディな女性。全身像と、モノクロ(一部カラー)バストアップ。
それと、もっふもっふで毛並みよさそうな虎!

虎はこの模様が個体識別にもなるくらい、個々の柄が違うのだそうで。手癖とイメージだけで描いて、屏風に似たりしないよう気を付けて描きました。

写真を200枚くらい見て気づいた点:虎って、思ったよりくっきり柄がでてる。

顔や尾以外は『一本ずつ毛を意識して描く』より『模様をざーっと塗る』感じです。輪郭の消しだけは気を付けて毛並みっぽく。
動物らしく、皮がたるんでるところと、筋肉がもりっとでてるところも気を使いました。
ここで手を抜いたらアニメっぽくなりすぎ。あるいはデフォルメしすぎで、前景の女性とバランスがとりづらくなります。
余談ながら……ケモナーをハァハアさせてやるわ。という意気込みにて、これは雌虎です。

そういえば先ほどから『前景の女性』と表記してますね。
巡音ルカを描いたという気分ではないからです。大多数のひとが『巡音ルカ』と認識しているキャラクターに、『寄せた』つもりが無いのですよ。
類似ポイントは装身具と髪の色くらい。
え、ブーツ?
直前に読んだ『長くつしたのピッピ』の影響ですよぅー?

アメコミっぽく、というよりアダム・ヒューズっぽく。爪からカマイタチくらいはできる勢いです。どうぞお楽しみあれ。

『上級者向け触手BL21』が配信開始です

Cover_BL21というわけで、『上級者向け触手BL21お値段108円、アマゾンにて配信開始となりました。14でスピンアウト編として展開してきた『山に住みたい魚の話』続きを5話収録。 既刊案内はこちらからどうぞ。

『お父さんは許しませんからねっ』
アロモシトが複雑な心境の短い一幕。そしてテイ・スロールは前向きで、彼なりに精一杯、メンバーの事を考えています。攻撃呪文ぶつける云々はさすがに冗談ですが。

『忍んでないで堂々と』
オアイーナブス&シアバス再登場。オアイーナブスが最初に出てきたときは考えて無かった設定(侍大将になりたくない)と、今回の地震と二次被害が組み合わさってこういうお話になりました。シアバスの方がメバルに寛容というか、割り切ってます。オアイーナブスは融通の利かなさで、善意なのにメバルに引かれちゃう損なひとです。

『早くもどれと祈る』
『お父さんは~』よりもアロモシトの内面に踏み込んでみた一作。メバルは、知らない食べ物でも食べられるなら味に頓着しない、良く言ってチャレンジャー。アロモシト修道士のフォローが炸裂しなかったら、どういう料理ができていたことか。

『火山の黙するとき』
フィンとメバルの対話形式で、主にフィンが語る彼の過去。既存の物語にちょこまか出ておりましたが、ヘイファやネダー=スの事情は、フィン主軸で語るとこういう事だったの種明かし篇です。
「危なっかしくて見てらんねぇよ」が口癖の意地悪オッサンですが、性格は男前。しかも料理が上手いとか惚れますね。

『If話 黒恵の子が男だったら』
おまけです。異種いいよね異種カプ。黒傑は「あー歩くのやだなー」って髪とかしながらぼやく美少年だと思います。運が良ければ権力者の囲われ者、普通なら「私のものになってくれないならいっそ…!」と刺されるようなタイプ。

いずれのお話も、イラストも、CC-BY4.0国際ライセンスにより、二次創作、三次創作を歓迎しています。やれると思ったらやってみると良いのです。技量の優劣はこの際気にしない方向でね。

新作『春色雑音』 pixivブース公開

Haruironoiz_OP

こんにちは切身魚です。今回は似非和風の作風、かつ『このラストシーンにつじつま合わすために、全てを書いた』作品。

管弦の天才でありながら、色覚のない男、金蔵の物語。

ピクシブのBOOTHにて、ePUB版を販売開始しました。

ePUB版 ¥100

読み上げツール対応テキスト版(青空文庫形式テキストファイル)は無料公開中です。
ダウンロードパスワード p5q2xmxz

この作品は、えんぶりょー@えmbりょP(案)さんのオリジナル曲に着想を得て執筆されました。原案という形で発表にご快諾いただいた同氏には心からの感謝を捧げます。

ハルイロノイズ ver.2015
https://www.youtube.com/watch?v=NlR0gE6mJ94

Soundcloud https://soundcloud.com/embryo4713/
ピアプロ http://piapro.jp/Embryo4713
ブロマガ http://ch.nicovideo.jp/embryo4713

無料でDLしていただけますが、クリエイティブ・コモンズのライセンスではありませんので、著作権保護にご協力ください。表示がおかしい、等ありましたらメールフォームでもツイッターでもお知らせください。

続きを読む

自作フォントを作ってみた

Myfontwork

フォントを自作できるサービスと言えばFontforgeが有名ですが、こちらはFontforgeにPotrace(ビットマップ画像の輪郭からベクターラインを抽出する技術。INKSCAPEなどの画像読み込み→ベクターライン化にも使われている)を援用したサービスです。

PaintFont.com
http://www.paintfont.com/

1.Create and download templates.を選ぶ。PDFをいじるのは難しいので、テンプレートダウンロードの際はPNG形式を選びます。

2.ダウンロードしたzipを、スキャン後問題なければ解凍します。

3.GIMPとかで、上からレイヤー載せて、レイヤー上で『各文字を、真っ黒で塗って作る』。
注意点:枠線をはみ出さないように。右上のQRコード部分は絶対不可侵領域なので汚したり消したりしないようにする。(これさえ守れば綺麗にできる)

上手に作るために:線の太い細いを統一する。入りと跳ね、角度、点、なども統一する。また、各字体の元言語を勘案し、左右の空白も統一する。(今回はお試しなのでここら辺を無視した結果、単語がひとつながりに見えにくい時がある)

4.作業が終わったら、1と2のPNG画像を、ファイル名を変えずに上書きで作る。

5.サイトにアクセスし、Upload your completed templates.を選ぶ。2枚の画像をアップする。つけたければFontname に『自分の好きなフォント名』をつける。

6.『Start upload』を押して待つ。自分の場合は1分足らずでできました。

7.サンプル画面が出てくるので、問題なければOTF か TTF (OTF推奨)形式のフォントファイルをダウンロード。自分の責任においてインストール、拡散して良し。権利は作成者にある。

というわけで、英語版で作ってみました例がこちらの画像になります。
テンプレート選ぶ画面に『Japanese』もあります。
が、正直に申しましょう。
数が多すぎて一時間じゃ作れませんでしたの……。

ちなみに、アップロード画面の”Advanced options”は「キャラクター未指定の部分を、他フォントをベースに使って埋める」ためのもの。EURAや他のライセンスに関わる部分をよく理解して、自分で作れってことですね。
IPAフォントなら、この辺がフリーなので援用するにはもってこいです。

トールキン先生ほどではないけれど、私も相応に創作クラスタですゆえ、フォント名は自作に登場する都市の名”ク・タイス”を冠してしまいました。尚、上記画像の英文は著作権の消尽したパブリックドメイン作品”BOOK OF COURTIER”から抜粋したものです。

『上級者向け触手BL20』が出ました

というわけで、『上級者向け触手BL20』お値段105円!がアマゾンにて配信開始となりました。14でスピンアウト編として展開してきた『山に住みたい魚の話』続きを5話収録。 既刊案内はこちらからどうぞ。cover_BL20

『相応しい代替』
魂の欠片が作動するお話、そして代替された肉体はさておき、というトラブルの始まり。

『揺れそうな信念』
マジで記憶ないボリスと、看護を引き受けざるを得ないメバル。基本的にはボリス視点で描写、とはいえ半分寝てますが。

『揺れなかった訳ではない』
さきの話をメバル視点で描写してみました。相手が自分のことを覚えてないというだけで、後ろ向きになってしまうメバルに、チャラい大魔術師からのまさかのヘルプ。

『ぶちのめしてやりたい』
完璧に見える、あるいはそうしようと頑張ってしまうメバルが、冗談ではあっても弱音を吐く。だから、「むしろ安心してるよ」とヨアクルンヴァルも受け止めてます。
物語中では名前を描写していませんが、門番をしていたのがホールカ。設定資料には載せました。

『大魔術師の嘆息』
チャラい魔術師のまさかのヘルプ、の前後事情を明かす一篇。トエハタエは相変わらずの忠犬。そしてアルディオ・エントリーノ筆頭秘書官はむっつりスケベが過ぎて、補佐官を妊夫にしようと計画。補佐官も確実に、主《あるじ》の影響受けておりますな。
馬鹿かお前らと言いつつ、面倒を見てあげるあたり、ナナノナナエニヒトツカケ様は天才魔術師なのです。

希望があるということは、逃げ出せなくなるってことでもあるのです。このエピソードはもうちょっと続くんじゃ。

いずれのお話も、イラストも、CC-BY4.0国際ライセンスにより、二次創作、三次創作を歓迎しています。やれると思ったらやってみると良いのです。技量の優劣はこの際気にしない方向でね。

『上級者向け触手BL19』が配信開始です

というわけで、『上級者向け触手BL19』お値段110円!がアマゾンにて配信開始となりました。14でスピンアウト編として展開してきた『山に住みたい魚の話』続きを6話収録。 既刊案内はこちらからどうぞ。
Cover_BL19『フローグとの旅路』
指輪に関する一幕を描写したいがために入れました。願わくば君の指輪になりたいもの、ってのは指輪をつける習慣のある種族に独特の詩歌ですね。それとムーピーのとんがった才能を紹介。

『フォンスイ農場』
今回のクエストの重要部分です。そしてメバルの死の開放と、自分に掛けられた≪強制≫について。
TRPGのゲームマスターだったこともあり、こういう風に地図書いて情報整理しながら、時間系つきで展開しています。

『緑眼の狼犬』
元カノってだけで不穏なものがいっぱいあります。

『報告はめんどくさい』
重傷を癒しはしたけど、メバルの後始末は相応に大変だったというお話。地震が止まっている理屈の説明。そして、メバルの死に易さと、先が長くないと思っている告白。

『次のない油断』
伏線回収。油断があったとはいえ、マーリはただの獣ではなく『対人戦闘のやり方を心得たうえで獣化』した殺意の塊。斥候兵の鼻をごまかすための工夫は当然やったうえでの不意打ちです。また、ボリス側も≪乗馬≫スキル無しでの状況下、マイナスつきACだったとお考え下さい。
≪魂の欠片≫があるから、死んではいませんが、だからといって安心できるわけでもない。

『前日譚 始まってすぐの終わり』
R-18描写ありの修行時代の少年メバルのお話。そして、ドデカスがドゴン族から『一番の大切』扱いで恋慕されるお話。その戦慄が、劇烈な反応となってメバルに跳ね返った結果、今のメバルの基礎につながっています。
ドデカスのやったことは、悪意ではなく奉仕本能に基づいているため、決定事項を覆すようなお願いは決して聞き入れませんが、だからといってこれ以上悪くするようなこともしない。
メバルが深淵の僧として覚醒するお話は、また別のお話。

表紙画像を描きおろし、今回は『フォンスイ農場での戦闘』のワンシーン、というイメージ画像でございます。DAZ3Dのフリーモデル(デッサン用下書き人形としても使用も許諾済み)を下絵に、PainterXで描いた後、コミpo!で文字いれしてから、単コマ画像出力で表紙にしました。

そうそう、今回から、青空文庫組版タグをテキストファイルのうちに組み込み、ルビ振りしました。とても綺麗なePUBが作れるうえ、読み上げツール対応にも万全とあって、今後はこの形式で発表する予定です。
次回は『次のない油断』のあと、どうなったんだ?をお送りいたします。

いずれのお話も、イラストも、CC-BY4.0国際ライセンスにより、二次創作、三次創作を歓迎しています。