『上級者向け触手BL19』が配信開始です

というわけで、『上級者向け触手BL19』お値段110円!がアマゾンにて配信開始となりました。14でスピンアウト編として展開してきた『山に住みたい魚の話』続きを6話収録。 既刊案内はこちらからどうぞ。
Cover_BL19『フローグとの旅路』
指輪に関する一幕を描写したいがために入れました。願わくば君の指輪になりたいもの、ってのは指輪をつける習慣のある種族に独特の詩歌ですね。それとムーピーのとんがった才能を紹介。

『フォンスイ農場』
今回のクエストの重要部分です。そしてメバルの死の開放と、自分に掛けられた≪強制≫について。
TRPGのゲームマスターだったこともあり、こういう風に地図書いて情報整理しながら、時間系つきで展開しています。

『緑眼の狼犬』
元カノってだけで不穏なものがいっぱいあります。

『報告はめんどくさい』
重傷を癒しはしたけど、メバルの後始末は相応に大変だったというお話。地震が止まっている理屈の説明。そして、メバルの死に易さと、先が長くないと思っている告白。

『次のない油断』
伏線回収。油断があったとはいえ、マーリはただの獣ではなく『対人戦闘のやり方を心得たうえで獣化』した殺意の塊。斥候兵の鼻をごまかすための工夫は当然やったうえでの不意打ちです。また、ボリス側も≪乗馬≫スキル無しでの状況下、マイナスつきACだったとお考え下さい。
≪魂の欠片≫があるから、死んではいませんが、だからといって安心できるわけでもない。

『前日譚 始まってすぐの終わり』
R-18描写ありの修行時代の少年メバルのお話。そして、ドデカスがドゴン族から『一番の大切』扱いで恋慕されるお話。その戦慄が、劇烈な反応となってメバルに跳ね返った結果、今のメバルの基礎につながっています。
ドデカスのやったことは、悪意ではなく奉仕本能に基づいているため、決定事項を覆すようなお願いは決して聞き入れませんが、だからといってこれ以上悪くするようなこともしない。
メバルが深淵の僧として覚醒するお話は、また別のお話。

表紙画像を描きおろし、今回は『フォンスイ農場での戦闘』のワンシーン、というイメージ画像でございます。DAZ3Dのフリーモデル(デッサン用下書き人形としても使用も許諾済み)を下絵に、PainterXで描いた後、コミpo!で文字いれしてから、単コマ画像出力で表紙にしました。

そうそう、今回から、青空文庫組版タグをテキストファイルのうちに組み込み、ルビ振りしました。とても綺麗なePUBが作れるうえ、読み上げツール対応にも万全とあって、今後はこの形式で発表する予定です。
次回は『次のない油断』のあと、どうなったんだ?をお送りいたします。

いずれのお話も、イラストも、CC-BY4.0国際ライセンスにより、二次創作、三次創作を歓迎しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください