1番楽な死に方らしいという画像について

記憶の掘り起こしは大事ですけどね。
いつまでもいつまーでも、癒えかけた怪我のかさぶたを剥いで、血を流すまで雑菌だらけの爪で抉って異物混入させて…という行為を繰り返すのは、
『異常な自傷』
であって、
『癒す前に向き合う』
ではないと思いますよ。
40歳を目前に、最近やっと身につけた知恵。
「親が極端な一般化で、自殺する人を『理解できない他者』と断定するような言葉を吐き出したら、一目散にその場を離れ、大好きなゲームをしたり本を読んだりプロジェクトに取り組んだりすると良いぞ!精神が高揚するし、文化の発展にも貢献するしな!」
これこのように、四次元殺法コンビの論調とか、そのほか様々に応用できる2ちゃんねるガイドライン板のガイドライン。
実はこれも、心のタフネス向上に役立ちました。打たれ強いというか、荒らしだろうが何もかも、改変する狂気。萌え変換フィルタという意味では、数字板のお姐さまがたに大いに学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください