キチンと分けて考えましょう、著作権

まず、オリジナルの著作権者に無断で二次創作しても。
『二次描いた人』の分の『二次著作権』は存在し、それは描いた人の判断で使用/不使用する筋のものです。
法教育とは『一律遣っちゃダメ』ではなく、「やっていいことと悪いこと」教育。

私は、二次創作者の『描いた内容』や、『遣っている無断二次創作』を支持しては居ません(知らぬ)。
でも、二次創作者の『著作権』部分は、ご本人の判断。
今の著作権保護法ですら、混乱している世の中です。
そこをTPPによって「第三者が申し立てたり許諾したり却下したり」できるようになったら、どうでしょうか。

てんたま ‏ @tentama_go
平成23年11月10日の記者会見での森ゆうこ氏の答弁 「知的財産権における著作権あるいは越境サービスにおける学校教育等、文科省に関連する分野がございます」「TPPの問題というのはもっと広く大きな問題だというふうに思っています」
http://www.mext.go.jp/b_menu/daijin/detail/1312140.htm

儲けるのは一部の著作権管理業者や知財業者なのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください