クリエイティブコモンズのススメ

ライセンス内容もバージョンアップする

ソフトウェアのオープンライセンスプロジェクト(GFDL)を継承して、コンテンツむけにも作られたのがCCだから。時世の流れやユーザーの要望で、ライセンス内容もバージョンがあがってきてるのよ?

そのひとつが、CC0。

「名も要らぬ、金も要らぬ、ただ私の作品が広まることだけを願う」

というライセンス。 作者の名前クレジットは不要、非営利も営利利用も不問、ライセンスの継承はしてもしなくてもよい、というもの。

あと、面白い試みの一つが「CCPlus」。

「CC-BY-NC、だけど営利で使いたい時は別途、相談に応じる用意あり」のように表示します。

たとえば、「収益を得る活動に使いたい」「作者名の表示義務を免除してほしい」 CCライセンス明示以外の用途に使いたいとき、相談に応じますよ、という表現です。 http://t.co/6yLDd8UQ に解説あり。)

先の英文Wikiページの下段には、ExamplesとしてJamendoやBeatPickといった音楽での例が画像表示されておりますよ。

過去の訴訟沙汰を論拠にするのはヤバイ件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください