本日の進捗:闇李さんセレクションを中心に

本(電子書籍)当初の予定曲:一曲『 South Wind Memories 』を英訳、ピアプロ公開。また、ePUBに追加。アップはまだ。

現在、Twitterで闇李さん自身のセレクション – https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AvatC0LgjaJ-dFN6bkhlRXR4RldQcFFVZjZHOWZzV2c&usp=sharing … を参考に、各作者さんのメンション飛ばしております。

『ボカロ曲の歌詞英訳を同人誌に』企画にと。
「自分の好きなもの」ばかり集めても、それは単一アンテナの集めた音。 自分と違う感性の人がお勧め!な曲を集めると、これまた異質で。そのなかの、似ている部分と、違う部分、 「この人はこの曲のどういう所が好きになったんでしょう?」 と思いながら聞き、作者に連絡取る日々。

ニコニコ動画からツイッターたどって、全員一挙にフォローして同一文面のメンション送ればいいでしょ?
って思うのですが。やっぱり一回聴いてから、という最低限の礼儀意識。そして一回聴くと、「今の良かったな、もう一回」となる音楽の魔力。

Q:何で『足りてるボカロ歌詞』というタイトルか?
A:Facebookのグループに、『Tarinai bokaro kashi(足りないボカロ歌詞)』というのがありましてな。電子書籍の配信は海外向けですから、このくらい直球ドストレートでちょうど良いかと。有名曲には食指が動きませんし。

歌詞がピアプロ公開されてない場合は、法的にきちんとするため、著者に直接許諾もらわねばならないのです。

私は知的財産管理技能士3級所持者です。このような珍しいコンテンツ利用ケースに際して、

「よく分からないからヤダ」

という人が減るように、ご不明な点があればいくらでも説明する心積もりで、企画に取り組んでおります。
ビジネスならば基本的に、こういう「めんどくさい事前処理が必要な」案件は回避するべきなんです。
コスト考えてみても、そう。
現時点で、一円も利が無いのに、私、148時間(5/26現時点で151時間)ほど無償で活動してますよ。
それでもやるのは、好きだから。それと、自己承認の欲求。
100%無いと言うと、嘘になります。でも、99%が自己承認のため、ではありません。
7割の音楽好き、1割の友人の為、1割の自分の腕試し要求、1割の自己承認、という感じです。
自己承認欲求すら無い活動って、人間らしさを失った活動と感じられます。だから、1割や2割はあっても良いし、それが自然なことのように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください