歌詞の著作権は誰が管理するのか?

まずはJASRACに確認とってみました

全文はこちらから『JASRACへの問い合わせしてみたよ』。こちらの企画内容、特に許諾の有無と、お金のからみっぷりについて、詳細に説明して判断を仰ぎます。
他にもJRCやDue(ドワンゴユーザーエンタテインメント)に同じような内容で問い合わせしましたので、こちらに内容をまとめておきましょう。

許諾の有無
・原曲はVOCALOIDを使用し、PIAPRO(投稿サイト)に無償公開されている。

・歌詞製作者より、翻訳(英語翻訳)の許諾、非営利での無償/有償(電子書籍『足りてるボカロ歌詞(仮題)』への収録、blogその他ネット媒体での)公開許諾を得た。
・すでにPIAPRO,ブログ等では公開済みである。
・歌詞製作者の許諾を得て翻訳公開後、ユーザー投票によるカラオケ化に伴い、JASRA/JRC/Due管理曲となった楽曲がある。
・また、Due管理曲という場合、カラオケ化云々問わず、『ニコニコ動画に公開する』ことでDue管理となる可能性が残っている(未調査)

非営利有償の内容
・電子書籍は10部程度の頒布数を見込んでいる。
・頒布形式:Gumroadでの数量限定ダウンロードとKindleDirectPublishing(KDP)を利用。
・頒布単価:一部あたりの単価は100円。
・頒布におけるロイヤリティ:いずれも1冊あたり69円から70円。GumroadもKDPも、ロイヤリティは1000円を超えない限り支払われない。
KDPにいたっては、『頒布実績から受けるロイヤリティ70%から、さらに米国における源泉徴収30%を差し引かれた後の金額が1000円を超えない限り』支払われない。単価100円の電子書籍であれば、22冊以上売れないとロイヤリティが支払われないことになる。
当方はこれまで10冊以上の電子書籍を各種配信サービスで提供しているが、いずれもロイヤリティ支払いを受けるほどの頒布実績は無かった。

こうした企画内容の説明に加え、インタラクティブ配信権確認の質問理由を、例を交えて説明します。

質問理由と例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください