mRNAワクチン、そんなに怖い?

mRNAワクチンを遺伝子ワクチン、と呼んで「何があるのかわからない」と不安がるツイートを目にしたのです。

ハイ、ここでまずツッコミますよね。

そもそも『遺伝子ワクチン』じゃないでしょ。
遺伝子=DNA。全部入ってる。
mRNA=DNAから読みだされた情報の『一部』。このmRNAがリボソームに送られ、タンパク質が作られる。

高校の生物および、中学の理科を再履修することをお勧めします。が、コンパクトな読み物はこちら。

リレーエッセイ『遺伝子とは何?』https://www.ssu.ac.jp/relay-essay/20151120/

ちなみに、リボソームでは、詳しく言うとこういう仕事してるよ!

遺伝学電子博物館 『リボソームとは?』https://www.nig.ac.jp/museum/dataroom/translation/01_introduction/index.html

今話題のmRNAワクチンは、先のリボソームに、 『ウィルスの外面にそっくりなタンパク質を作ってくれ』情報を運ぶ。
→リボソームが解読して、『ソックリお面』を作る
→身体は『ソックリお面』を異物認定。異物排除のために抗体をつくる
→ウィルス迎撃の準備完了。発症に至る前に撃退できる(免疫がつく)

mRNAワクチンを『遺伝子ワクチン』と言ってむやみに怖がる前に、今年度の高校の『生物』教科書をお読みになることをお勧めします。 科学の知識は日進月歩で更新されており、その中でも『教科書に載るレベル』は、学会はもとより世界中で検証された内容だからです。

学会にすら発表してない、未検証の説よりは信じられる内容です。私は、近所のオッサンオバチャンらがテレビで受け売りした内容より、今年度の教科書を信じますね。40年前のうろ覚え理科知識で論じてる話よりも信じられる。
今はね、遺伝情報の発現に『優性/劣性』じゃなく『顕性/潜性』って言うんだって!

両論併記というのは、デマと科学を一緒くたに並べることじゃないのよ。

続きを読む

ブラウザでVR『MusicVket』体験

夕立Pさんのブログ記事『MusicVketに『手軽に参加したい』人にMusicVketCloudをおすすめしたい。』を拝読し、Google Chromeで試してみることにしました。

Twitterの、夕立さんブース直接リンクから飛んでみると……

  • 最初の読み込みはちょっと時間かかる
  • 以前のpixivAPOLLOで持った不満点解消。 (隣や奥のブースが視界に入るので、偶然の出会いが生まれる)
  • 他のアバターが居ないので、表示ストレスなく歩いて試聴できる。

この3つがメリットですね。

リアル会場の『みんなでワイワイ』を疑似したい層は、VR機器を入手して入るのが良い。 『のんびり好きなだけ一人で見て回る』向きには、ブラウザからのVRCloud、とても手軽(追加機器が要らない)で良い。 楽しみ方に、選択肢があるのはすごくいいですね!

続きを読む

『ファンベース』書評

ファンベース (ちくま新書)佐藤尚之/著

ファン獲得施策の根底にあるべき、『共感・愛着・信頼』を丁寧に説いた本。
ではあるが、昨今の「ファンと密接に関係した企業施策」に倫理的いいがかりをつけ、ネット炎上を仕掛けてくる人々への対策はなし。手がかりを与えてもいない。
凡庸とまでは言わないが、スタート地点を説いた本としては悪くない内容。
2つの理由から、星3つとした。

まず第一に、本書はファンとの関係性を構築する施策を説く本であるから、
「ファン獲得するとこんなにいいことがありますよ!」
は熱心に言っても、
「ファンを獲得すると、コミュニティ維持と誘導には細心の注意が必要ですよ、例えば……」
という内容は全く触れていない。
これで星を1つ減じた。

例えば、188-189ページ『身内であるコアファンと一緒に価値を上げていく』の節では、テレビ露出より握手会という、AKBファンコミュニティ構築を讃えている。

だがここで、AKB手法をまねた新潟の『NGT48山口真帆さん暴行事件』を思い出してほしい。
コアなファンほど、
「自分はこんなに貢献しているのだから、見返りに、ちょっとした逸脱を認めてもらってもいいはずだ」
と思い上がる生き物である。
また、事件後の運営事務所による隠ぺい、頬かむりに憤りを覚えたファン、それを伝え聞いた第三者の悪印象を、特に思い出してほしい。
評者は事件が起きるまで、NGT48の存在すら知らなかった。しかし、「運営の対応を批判するファン」の言葉で、AKB商法には不信を持った。

ファンベースとは、「ファンは思い上がる生き物」という前提に立つ必要がある。
暴走を織り込み済み(リスク管理とは、事故が起こった後のことも対策することである)のファン施策、企業戦略を説いていたら、評価も上がっていたのだが。
新書という文章量の制約もあるだろうし、「ファンベースの光の側面」を知らせる福音書という意味の本なら、本書に含めるべき内容でもないのだろう。
ただ、光の側面を強調するあまり、
「ファンベースが構造的にはらむ問題を全く書かない」ことには、危惧を覚えるところである。

そして第二に、倫理的いいがかりをつけ、ネット炎上を仕掛けてくる人々への対策。
これは特に、弁護士や社会学、人権活動家の肩書を持つ人々が、マーケティング施策内容(特に広告表現)を誹謗中傷し、ハッシュタグをつけてSNSでの攻撃を扇動する事例を指す。
法曹や学者に至っては、こうした炎上を例に引いて、「自分をアドバイザーに雇ってくれれば、こうした炎上は防げた」
と露骨なマッチポンプ商法を仕掛ける。
企業、法人側は、こうした倫理ヤクザに対策が必要である。(弁護士アカウントが、法的な根拠を明示せず、感覚で扇動している現場を目の当たりにしたので、評者はヤクザの言いがかりに等しいと考えている。)
さらに、『ファンでも何でもない』のに、人生や社会への不満をため込んだ人々は、たやすく攻撃行動に参加するのだ。特に
「自分は正しいことをしている」
「仲間がいいねやFavで承認してくれる」
という快楽、相乗効果を得て、『ファンでも何でもない』人々は、ファンベースのマーケットを破壊しに来る。

本書で「ファンは自信がない」と指摘されているが、上記のような『炎上攻撃』の参加者は、「お前たちは倫理的ではない」と攻撃して、ただでさえ自信のないファンを揺さぶるのだ。

ファンベースの顧客戦略は、
・リスク管理(コアファンの暴走を織り込む)
・炎上対策(無視・ファン保護・拒絶の表明)
なくしては成り立たない。

この2点が抜け落ちているため、本書の評価は星3つである。

最新骨相学は嫌な感じに的中する

骨相学、それは19世紀に発生し、20世紀にはすたれた(当たらないんだからニセ科学に堕ちた)技術。

なのですが、顔データを大量に食わせた顔認識DBは、嫌な感じに的中するという記事を拝読しましてな。

『性的嗜好や支持政党が顔認識アルゴリズムでわかる研究が物議を醸す』
https://jp.techcrunch.com/2021/02/28/2021-01-13-facial-recognition-reveals-political-party-in-troubling-new-research/

すでに「ウソだ!こんなのは当たるわけない!」という否定から、「技術が悪用/濫用されないためにはどうしたらいいか?」を議論する段階でしょう。

私の予想する、顔認識アルゴリズムの援用。
人間は便利なほうへほうへと流される。 『最新学習データを用いたAI骨相学(ありがちな名前)』で判明する支持政党や性的志向などを、相手に黙って判断に使うでしょう。
「お互い様だ、相手だって使っている」
といって一歩も譲らないが、デジタル・ディバイドには知らん顔する。 ……じゃないですかね?現時点でみられるデジタル・ディバイド放置からして。

人間の理性や知性を信頼する運用は、 ・顔を撮られない(私は『最新骨相学』に判断されたくないという意思表示) ・撮ろうと持ち掛けない(私は『最新骨相学』で他の人を判断したくないという意思表示) の2つになろうかと思います。(多数の人が絶対に選ばないだろう選択肢)

ただ、この方法は個人間でのみ運用可能。

自販機やコンビニ、駐車場……。 あらゆる場所にある監視カメラを通じたデータ採取に対抗するのは何か? そうなると、『法規制』じゃね? という考えはあり得ます。(あと、予防効果のない、証拠能力だけの防犯カメラは撤去したらいいのにって思いますね)

おまけ解説【予防効果がない】とは
そこにカメラがあっても、「刺し違えてでも何かやる気がある犯罪者」は止まらない、の意。

とんでもないキャンプ記事

「落ち葉の上で焚火」というとんでもないキャンプ記事(どうやら記事は非公開になった模様)が批判されていましたな。 キャンプとはあまり縁のない私みたいな都市住民でさえ、知ってる事を……。 と、あきれたものです。

「焚火をするときは周囲の燃えそうな葉っぱや草を取り除け」って知っていたかというと、複数の本がソースに挙げられますがひとつは確か、こちら。

『大草原の小さな家 ―インガルス一家の物語〈2〉 (福音館文庫 物語)』 ローラ・インガルス・ワイルダー(著) https://amazon.co.jp/dp/483401813X 

続きを読む

無差別殺人犯と地続きの私達

昨日だったか。Twitterでフォローしているどなたかが言ってらした。

「無差別殺傷犯が『誰でも良かった』といいながら、弱そうな女子供を狙う」 というのは、 「生命が等価だからこそ、やりやすい対象を選んでいる」 のではという。

これがゲーマー的には、
「貰える経験値が同じなら、攻撃力・防御力・HPの低い奴からタゲる」
よね、と。
ストンと理解が及んでしまいました。

その理解が及んだ時、
「ああ。無差別殺傷する動機は持たないが、効率よくタゲを選ぶという点において、『この私』と『彼ら』は地続きの同じ人間なのだ」
という認識はほんとうに身に沁みます。

多くの人は、
「悪いこと、非道をする者はモンスターだ、悪魔のような、破綻した人格の持ち主だ、ねじ曲がった価値観に毒されているのだ」
という話の方が好きだと思います。 それはもう、『自分はイイヤツ』という自己肯定感を守るため、当然の心の働きでしょう。

でも、事実は違う。 「いかに悪いことをした人間であろうと、『効率よく目的を達成しよう』という考えやらなにやらは、『イイヤツであるはずの自分』と地続き」 です。 地続きであり、

『不幸な偶然が3つくらい玉突きしてたら、自分もそうしたかも知れん』

のです。例えば「実家が貧乏」「派遣切られた」「失業保険も何も援助がない」の3つくらいでほら、ね。

そのぞっとするような事実認識を踏み、なおもその上でまっすぐに立ち続けるための指針が、『理性』ってやつだと。 私は思っています。

『理性』の少ない、ほぼ無い人にも、同じ一人分の人権はあるので、そこはお互い尊重しましょうや……な?とも。


/* 注釈 同じ一人分の人権を持つ、理性も仏性も少ない(無きに等しい)ヒトからの侵害行為には、峻厳たる態度で臨みます。 そのことに、私は一片の後悔や慈悲を持ちこそすれ、衝突そのものは忌避しない。

老い先考えて今を抑圧できるか!

ツイッターで、こういうツイートを捕捉しました。

「RT @0505YsT: 認知症の患者さんは昔のことは凄く覚えてるみたいで、今日70歳くらいの患者さん(女性)が「男同士がナニを擦り合わせてひゃはは」とか言ってたから腐女子の皆さんは老後気を付けて下さい at 10/02 22:01」

それを読まれた櫻井水都@M3-2014秋【お-21a】 @sakuraiminatoさんが、

「でもね…この上さらに非情な事実を重ねちゃうけどね……腐女子にかぎらずおよそすべてのオタク属性は治癒なんてしないものなんだよね…(震え声」

と書いてらしたのですよ。その後のやり取りから、要約して申しあげましょう。
私は介護施設勤務しております。
そういう施設勤務してますと、別にマニアックな性癖だの趣味だのは、治癒してもしなくても、動じないです。
動揺するような方は、速攻で介護業界から脱退なさるか、もっと楽な訪問ヘルパーに登録して、勤務先をえり好みするヘルパーになります。
あるいは、「その手の趣味を持ってない同僚相手に愚痴る」ですかな。

認知症の種類や、病態は個人差がありますが。
基本的には、
「状況判断できない(老化の為に情報が入らない、入った情報を認識できない、認識しても判断できない)」
のです。

ですので、治癒なんて考えて今の人生を抑圧しても、無意味です。むしろ害悪です。
誰もが必ずいつか老いて、情報入力が難しく、認知機能は衰える。誰もが、です。
治癒するようなもんなら、最初からはまる訳がありません。

だから、抑圧するより今を楽しみましょう。

そうしないと、『うつ病と認知症を併発した年寄り』になってしまいますよ。いつも鬱屈してイライラする系。もちろんそういう高齢者はたくさんいらっしゃいます。
「ああ、この方は若い頃、抑圧されてお過ごしになってたのだろうな、お酒と、お酒の場での愚痴や感情発散以外は楽しめなかったのだろうな」
と思わざるを得ない人とか。
三単語以上の言葉を、女性の高いトーンで言われるとマジギレ、瞬間湯沸かしマジギレで怒鳴りだす人とか。

一方では、女学校時代の趣味よもう一度、と人生をお楽しみな大お姉さまがいらしたりします。

私は後者のような人を見ますと、人生に希望が湧いてまいります。
なるのならば、腐女子趣味全開で『貴腐人』の銘に相応しい高齢者になり、後続の女子たちに希望を与える存在となりたいものですね。
将来の恥?
でも本人はそれを認識できないです(だからこそ認知症)。
周囲のプロだって、周囲に混乱広げないように対処するから、プロなんです。
将来、あるかどうかもわからない恥を憂いて『今』を抑圧するなんて、馬鹿らしいことではありませんか。

音声での文字入力に挑戦しました

今日は、切身魚です。先日から左手のばね指に悩まされておりましたが、お医者様から
「指を休めるようにしなさい。 」
と言われ続けていましたので、キーボードも打たないようにしようと考えました。

しかし、具体的にどういうソフトを使ったらいいのか?は、考えあぐねておりました。
そんなときに、 『ボーンコレクター』という映画のことを思い出しました。詳細は伏せますが、脊椎損傷で首から下が麻痺してしまった探偵が、映画の中で「音声だけでパソコンを操作していた」のです。これを手掛かりに調べてみると、 『ドラゴンスピーチ11 J 』という、マウス操作も音声入力でできるソフトを知りました。

ものは試しと、このソフトを買ってみました。
結論から申しますと大変使いやすいし、手の負担も軽減されました。実質、負担はゼロです。
自分自身の読み方のトレーニングや、ボキャブラリーの登録、よく使う文字列の登録などの手間はかかりますが、

『使い込むほど使いやすくなる』

という、良い道具のメリットを享受しております。

ここまでの文字入力や、SNSおよびブログへのアクセスも、すべて音声入力のみで操作しました。 続きを読む